日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

知れば楽しみ方が倍増?ハロウィンにまつわる英単語のスペルまとめ

ハロウィンの時期は、色々な英語が飛び交うことも多いですが、そうしたよく聞くハロウィン英語のスペルって知っていますか。知っているとハロウィン楽しみ方が倍増する、ハロウィンにまつわる英語のスペルを見ていきましょう。

知れば楽しみ方が倍増?ハロウィンにまつわる英単語のスペルまとめ

怖い魔女が使う「魔術」のスペル

怖い魔女が使う魔術は「witchcraft」というスペルで、「ウィッチクラフト」と読みます。「witch」は「魔女」、「craft」は「技術や技」なので、この2つの英語を組み合わせた単語となっています。

ハロウィンについてくる「迷信」

ハロウィンについてくる「迷信」のスペルは「superstition」で「スーパースティション」
と読みます。ハロウィンには地方や例についてなど、様々な迷信が古くから言い伝えられてきたことでも有名ですね。ハロウィンの話で「superstition」という単語が聞こえたら、面白そうな迷信の話が聞けると思っておいて良いですね。

骨に関する英語のスペル

ハロウィンコスプレの定番である骨を意味する英語は「skeleton」で「スケルトン」と読みます。頭蓋骨に関しては「skull」で「スカル」と読みます。この2つの単語、意味が似ているようでちょっと違っています。「skeleton」は全身の骨を意味する単語、「skull」は体の一部の骨を意味する単語なので、微妙に意味が違っています。ちなみに英語と思ってよく使われる「ドクロ」は、英語ではなく和製英語なのでご注意を。

悪夢を意味する英語のスペル

悪夢を意味する単語は「nightmare」で、「ナイトメア」と読みます。夜を意味する「night」に暗黒を意味する「mare」がついてきた単語です。ハロウィンの夜は魔物が地上にやってきて、あなたをさらっていってしまう日ですから、「nightmare」という単語を聞いたら、そんな光景が浮かび上がってくることでしょう。

単語を知って、色々と想像してみよう

ハロウィンの単語スペルをよく見ていくと、色々な単語が組み合わさっていて、裏に深い意味が隠されていることがわかるでしょう。次のハロウィンに向け単語の意味、スペルを知りコスプレのヒントにしてみるなど、ハロウィンの楽しみ方を広げてみてはいかがでしょうか。

ハロウィンカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする