日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【絶品スイーツ】ハロウィンのデザートは何にする?

せっかくハロウィンパーティーを開くなら、おいしいスイーツでおもてなしをしたい。インターネットに数多く公開されているハロウィンのレシピ。簡単なものからこだわりの一品まで、家庭で作ることができる絶品スイーツをご紹介します!

【絶品スイーツ】ハロウィンのデザートは何にする?

洋風スイーツ:ハロウィン型クッキー

カボチャが苦手…。そんな方はハロウィン風クッキーを作ってみましょう。ジャック・オ・ランタンやコウモリ、猫の形をとり、オーブンで焼くだけで完成。ケーキみたいに膨らませる必要がない分、失敗が少ないのも魅力的なスイーツです。お子様はいる方は一緒にクッキーの型抜きをしてみたり、アイシングをして模様を描いても良いですね。クッキーを抜く用の型もいろいろな種類が売られていますので、探すだけでも楽しくなりそうです。

和風スイーツ:パンプキンみたらし団子

和風スイーツもカボチャとは相性抜群。可愛いカボチャ型のみたらし団子で、ハロウィン気分を満喫しちゃいましょう。作り方も簡単。まずは団子の材料に茹でて潰したカボチャを混ぜ、カボチャの形に整えます。それを茹で上げたのち、すぐに団子を冷水で冷やします。水分を取ったらお皿に並べ、あらかじめ作っておいたみたらし団子のソースをかけます。これだけで可愛いハロウィンみたらし団子の完成です。見た目にもキュートな和風スイーツは新鮮味もあっておすすめです。

和風スイーツ:和の極、パンプキン羊羹

和風スイーツの嬉しいところは、オーブンを使わなくてもスイーツが作れるところ。それは和スイーツでも定番な羊羹も例外ではありません。皮を取って柔らかくしたカボチャをほぐし、砂糖を入れてなめらかにします。それにかんてんパウダーと水をさらに混ぜて火にかけ、熱いうちにカップ型に流し込み、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。固まったら型から出し、カボチャの皮で作った目と口をのせて完成。洋風スイーツも良いけど、たまには日本の文化である和風に挑戦するのもおすすめです。

スイーツでパーティーを盛り上げよう!

甘いものを食べると幸せな気分になる方も多いのではないでしょうか?ハロウィンパーティーの締めや談笑のお供には、素敵なスイーツを用意して宴を盛り上げましょう。年に一度のイベントであるハロウィン。普段ではやらないことに、ぜひチャレンジしてみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます