日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

プール開きっていつ頃なの?

プール開きっていつ頃?って不意に聞かれるとすぐには答えられないもんですよね。なので今回は各地域それぞれのプール開きの時期やさまざまなことを紹介していきたいと思います。

プール開きっていつ頃なの?

必然的に塩素を入れる量が増える!?

さらに、多くの人が”塩素臭い”と表現する独特のニオイも、実は塩素そのもののニオイではなく、この化合物のニオイだったようで、こうなってしまうと必然的に水に含まれる塩素の量も減ってしまうため、通常より多くの塩素をプールに投入する必要があるのです。
それでもって自分が利用しているプールの方々の目を見ると自然にそこのプールがどれくらい汚れているかが分かってしまうのです。こうなってくると逆に相手の目を見れませんよね、、

泳ぐことはダイエットに効果的!

ここで明るいニュースに行きましょう。長距離を走ったり、泳ぐことは有酸素運動、つまり全身運動なのでダイエットに効果的なのです!また泳ぐことによって泳ぐこと以外では鍛えられない筋肉を鍛えることができ、体のラインがシュッとするのです。プラス膝への負担も少ないので多くの方がチャレンジできます。クロールなどしなくてもゆっくり水の中を歩くだけで多くのカロリーを消費できるのです。温水プールだったら温かく一年中通えるので是非行ってみては?

おすすめの泳ぎ方は平泳ぎ!

泳ぐとして一番楽にカロリーを消費する泳ぎ方として平泳ぎがおすすめです。ダイエットや筋トレは激しい運動を短くするよりかは、負荷の少ない運動を長時間する方がはるかに効果的なのです。平泳ぎであれば、週1回ゆっくり30分泳ぐだけで2か月後には目に見える効果が表れます。他の泳ぎ方でも良いのですが、平泳ぎは楽で長時間続けて泳げることに加え、比較的フォームが乱れにくいわけで、ダイエットに優秀な泳ぎ方なのです。

もちろん他の泳ぎ方でも良い!

クロールや背泳ぎは平泳ぎと違いハードなのでそれ相応のカロリーを消費できます!ただそれだけキツイ分、メンタルが強くないと一般の方が50m続けて泳ぐのはとてもじゃないけど無理です。運動や泳ぐことが好きな方やスポーツマンにはクロールなどの方が時間をかけずにカロリーを多く消費できるとあっておすすめです。個人差はありますが、1時間続けてクロールを泳ぐと最大1300キロカロリー消費するそうです。言っても1時間続けてはさすがにきびしいですが、、

ぜひプールを利用してみては?

プール開きの各地域の時期や泳ぐことによるダイエット効果などさまざまなことを紹介してきましたが、やはり泳ぐことはデメリットよりメリットの方がはるかに多いわけです。これを機会にぜひプールを利用してみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます