日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

知ってるともっと楽しめる!フットサルのポジションとフォーメーション

フットサルのポジションって意外にちゃんと知られていないのではないでしょうか?もちろんちゃんとポジションンもそれぞれの役割もあります。さらにはフォーメーションも覚えて、フットサルをもっと深く見ると面白くなります。

知ってるともっと楽しめる!フットサルのポジションとフォーメーション

ゴールキーパー「ゴレイロ」

ゴレイロはポルトガル語で「ゴールキーパー」を意味します。ゴレイロというポジションは最後の砦として存在する守護神的存在です。フットサルでは至近距離からのシュートが多いので、それを恐れない勇敢さが必要です。飛び出しなど的確な判断が必要とされますし、そこから攻撃への切り替える際には正確なすり能力も重要です。フットサルではキーパースローがアシストになることもよくあります。そして最後尾から他のプレーヤへのコーチング能力も求められます。

フォーメーションについて

フットサルの魅力の一つは、その戦術の多彩さにあるといえます。フットサルはサッカーに比べると選手が流動的に動くことが多いのですが、ちゃんとフォーメーションは存在しています。自分のチームにはどんな選手がどんな能力を持っているのかを把握したうえで機能しやすいフォーメーションを選ぶといいでしょう。次にフットサルの基本的なフォーメーションを2つ紹介していきます。

1-2-1(ダイヤモンド)型

ダイヤモンド型というフォーメーションはフットサルの代表的なフォーメーションの一つです。ピヴォ(トップ)、左右のアラ(サイド)、フィクソ(バック)という基本の形です。攻守のバランスがよく最も使いやすいフォーメーションといってもいいでしょう。役割も比較的に明確になっており、初心者と経験者との混合フットサルチームなどには向いているフォーメーションです。攻撃時にはトップ(ピヴォ)を頂点とした三角形を意識するとゲームがスムーズに作りやすくなります。

2-2(ボックス)型

ボックス型と呼ばれるフォーメーションは攻撃に重点を置いた2人のプレーヤーと守備的な2人のプレーヤーというシステムで、それぞれの役割がわかりやすくなっているフォーメーションです。ゲーム展開としては常にポジションを入れ替わりながら相手からのマークを混乱させます。そこからディフェンスのすきを窺います。四隅に展開することでスペースは広く使えますが、その分運動量も多くなってしまいます。

ポジションとフォーメーションを理解する

いかがでしょうか?フットサルもポジションとその役割を知っているのと知らないのでは楽しみ方がまた違います。さらにはフォーメーションといった動きについても分かっていればさらに深いところでフットサルを楽しむことができるようになるでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます