日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

種別で解説!ボルダリング上達にオススメな筋トレ

ボルダリングを始めた人が悩まされるのは、筋力不足からすぐに疲れて登れなくなったり力が入ったりしてしまう事態です。そんな時に重要なのはやはり筋トレ!ボルダリングを楽しむための体力アップに必要な筋トレを徹底解説します!

種別で解説!ボルダリング上達にオススメな筋トレ

ボルダリングに必要な筋肉③背筋

前腕同様にぶら下がる時に重要なのが背中全体の筋肉です。ホールドにぶら下がったままでいるキープ力もそうですし、実際に次のホールドを掴む時に体を持ち上げたりする場合でも背中の筋肉は非常に重要になります。この部分は日常生活の中ではそこまで頻繁に使うわけではないので、意識的にトレーニングする必要があるでしょう。

背筋を鍛えるのにオススメな筋トレ

ボルダリングで重要になってくる背筋ですが、この背筋と前腕、そして指の力などをトータルで鍛える事ができる筋トレが「けんすい」です。自分の体重を支えて体を持ち上げる動作には、ボルダリングに必要な様々な部位の筋肉を同時に鍛えられるのがけんすいの魅力です。しかしこのけんすいはスポーツ経験者でも1回やるのさえ難しいトレーニングです。ですので最初のうちは自分の足が届くような低い鉄棒を使ったり、単純にぶら下がるだけのトレーニングを行うようにしましょう。

ボルダリングに必要な筋肉④下半身

ボルダリングではホールドに足を乗せて、そこを支えにして上に登る動作が頻繁にあります。太ももやお尻の筋肉、そしてふくらはぎといったように万遍なく使って登る事になるので、女性はボルダリングの翌日に下半身が筋肉痛になる人も少なくありません。ただ、下半身というのは普段の生活の中でよく使っている部分でもあるので、筋トレまでする必要がない人もいます。登る時にパワー不足を感じた時に取り組むと良いでしょう。

下半身を鍛えるのにオススメの筋トレ

下半身を鍛えるのに最も手っ取り早く、かつ効果的なのがスクワットです。スクワットをする時のポイントは、あまり膝から下を動かさないという事です。特に、しゃがんだ際に自分の膝がつま先よりも前に出ないようにしましょう。動きとしてはお尻を大きく後ろに突き出すようにしゃがむイメージです。膝から上が地面と平行になるくらいしっかりしゃがみ、そしてお尻を大きく動かすようにすると、下半身全体に負荷をかけられます。

ボルダリング力アップに筋トレを楽しもう

全身運動のボルダリングはそれ自体が筋トレでもありますが、毎日通えないで筋力が落ちてしまうのは非常にもったいないです。クライミングジムに行く間隔が空いてしまった時やよりクライミングのパワーアップを目指したい人はぜひ今回ご紹介した筋トレにチャレンジしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます