日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ダイエットにも最適!ボルダリングで鍛えられる様々な筋肉

最近ではキッズスクールも開催されるほど人気のスポーツとなったボルダリングは全身の筋肉を鍛えられてダイエットにも最適!今回はボルダリングをしていく事でどんな筋肉が鍛えられ、どんな効果があるのかを解説していきます。

ダイエットにも最適!ボルダリングで鍛えられる様々な筋肉

ボルダリングで鍛えられる筋肉①前腕

ボルダリングで鍛えられる筋肉の中でも最重要となってくるのが腕です。その中でも特に肘から先の前腕部を鍛えることができます。ボルダリングでは様々な形をしたホールドにぶら下がる必要があり、その時のキープ力の要となるのが前腕の筋肉なのです。実際、本格的なトレーニングの後では物を握るのがきつくなるほど前腕には負荷がかかります。

ボルダリングで鍛えられる筋肉②広背筋

前腕に続いてボルダリングで鍛えられるのは、背中の筋肉です。そんな背中の中で特に広い面積を誇る広背筋を鍛えることができます。ホールドにぶら下がる時、あるいは体を持ち上げる時に必要になる筋肉なのですが、腕や下半身と比べ日常生活で使う機会がそれほど多くない部分でもあります。その為ボルダリングで体が鍛えられた時、その変化を特に感じることができる部分でもあるのです。

ボルダリングで鍛えられる筋肉③体幹

ホールドを支えにして登る時、体が安定していないと非常に登りづらくなってしまいます。その時重要となってくるのが体幹の筋肉です。体幹は普段の生活でも姿勢を保つ際に重要で、ボルダリングを続けることで普段の生活も体を軽く感じるようになる人が多いそうです。体幹の中でも腹筋周りの筋肉はちょうどコルセットのように胴を覆っているので、ボルダリングで体を鍛えることでウェスト周りがすっきりしていきます。

ボルダリングはインナーマッスルも刺激する

体幹の筋肉と多少重なりますが、ボルダリングでは普段やらないような様々な動きが要求されます。その中でも多いのが体をひねる動きで、この慣れない動きをストレッチやマッサージのように気持ち良く感じる初心者の方もいるそうです。そしてこの時、主に内側の方にある小さな筋肉のインナーマッスルが刺激されています。この筋肉は普段の生活ではなかなか使われませんが、鍛えられることで姿勢を良くしたり太りにくい体を作ったりと非常にメリットの大きい筋肉と言われています。

ボルダリングで楽しく筋肉を鍛える!

ボルダリングは登るルートを考えるなどゲーム感覚で頭を使うスポーツです。ボルダリング自体も非常に面白い上に女性が気になるスタイルに関わる様々な筋肉を鍛えることもでき、良いことづくめなのが大きな魅力です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます