日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マラソン選手が大会前に実践している食事法を徹底解説!

ハーフマラソンはもちろん、フルマラソンなどは1度走ると膨大なエネルギーを消耗します。そのため大会前に選手はしっかりと食事管理を行うのです。今回はマラソン大会までに選手が実践している様々な食事法をご紹介します。

マラソン選手が大会前に実践している食事法を徹底解説!

食事中に糖質と一緒に摂取したい栄養素

また、糖質と合わせて積極的に摂っていきたい栄養素が「ビタミンB1」です。ビタミンB群というのはエネルギーを体内で生み出すために必要なビタミン群なのですが、B1というのはその中でも体内で貯蓄しておくことが難しい栄養素です。豚肉や鮭、豆腐といった食材に多く含まれているので、毎日の食事の中に取り入れるようにしましょう。

食事の合間に間食は摂りいれても大丈夫?

特に女性にとって気になるのが、間食はしてもいいのかという点でしょう。結論から言うと、普段の食事の中で間食をするのは問題ありません。その時、できれば3食の中で不足していると感じた栄養素を補ったり足りない分のカロリーを補ったりするためと考えましょう。タイミングとしてはそれぞれの食事の合間か、もしくは練習前のエネルギー補給として食べるのがオススメです。

マラソン大会前の「カーボローディング」

マラソン大会の3日前や前日には、いつもとは違う食事に切り替える必要があります。大事になってくるのが、マラソンに合わせてしっかりと糖質(グリコーゲン)を貯めておくという事です。そこで最近よく取り入れられているのが「カーボローディング」という食事法。普段よりもごはんや麺類といった炭水化物を多めに摂るようにするのですが、全体のカロリーは変えないのがポイントです。

マラソン大会前には食べない方がいい食べ物

逆に、マラソン大会前に食べない方がいいものもあります。まず、お刺身などの生物はやめておきましょう。万が一食あたりなどで体調を崩すとせっかくの本番が台無しになってしまいます。そして揚げ物なども胃もたれを起こすので控えておいた方が無難です。また、利尿作用などで水分を取られてしまうのでアルコールもNGです。

マラソン大会前にオススメのバナナ効果

間食で摂るものやマラソン大会直前でオススメなのがバナナです。バナナはエネルギー源としてもバッチリですし、筋肉のけいれんを防いでくれるカリウム・マグネシウムなども豊富に含まれています。それに加えて疲労回復成分であるクエン酸や消化吸収が早いなど、スポーツ選手のみならず普段の生活にも嬉しい効果が満載なのです。

マラソン用の食事はしっかり摂るのが基本

ダイエットや健康目的でマラソンを始める人も現在では非常に多くいますが、そんな人にとっても普段のマラソン生活を豊かにするためには食事は非常に重要です。今回ご紹介した様々な食事法を参考に、楽しいマラソンライフを送ってください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

マラソンカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング