日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

2019年にラグビーワールドカップが日本にやってくる!

2015年のラグビーワールドカップでは日本が優勝候補南アフリカを破る大金星を挙げ日本国内が熱狂しました。次のワールドカップの開催国はなんと日本!2019年までにラグビーファンになってワールドカップを楽しみましょう!

2019年にラグビーワールドカップが日本にやってくる!

2019年ワールドカップ日本大会について

2019年のラグビーワールドカップ日本大会は開幕戦が9月20日(東京スタジアム)、決勝戦が11月2日(横浜国際総合競技場)に行われます。予選から決勝まで合計48試合全てが日本での開催で、多くの熱戦が繰り広げられることでしょう。ラグビーは消耗の激しいスポーツで試合間隔を4日〜7日ほど空けるため大会の期間も約1か月半と長期間にわたり開催されます。

ワールドカップ日本大会の開催地は?

2019年のラグビーワールドカップの試合会場は既に決定しており、北から札幌ドーム、釜石復興スタジアム、熊谷ラグビー場、東京スタジアム、横浜国際総合競技場、静岡エコパスタジアム、豊田スタジアム、花園ラグビー場、神戸市御崎公園球技場、博多の森球技場、大分総合競技場、熊本県民総合運動場の14会場にて開催されます。ワールドカップ前に各国代表チームが練習する場所の誘致も始まっており、誘致が決定した自治体では大いに盛り上がることでしょう。

ラグビー日本代表の目標

2019年自国開催となる日本は強化に向けて様々な手を打っています。まずは強化の一環として世界最高峰のラグビーリーグである「スーパーラグビー」に日本のチームとして「サンウルブズ」を参加させます。そして日本代表のHCには選手としては元ニュージーランド代表で、スーパーラグビーのハイランダーズをHCとして優勝に導いたジェイミー・ジョゼフ氏を監督に迎えます。また、選手の海外挑戦も増えており、2019年ワールドカップでは最低でもベスト8を目指した準備が進んでいます。

2019年、20年はスポーツで熱くなる!

2019年はラグビーのワールドカップ、そして翌年2020年には東京オリンピックが開催されます。2年続けて日本で大きなスポーツイベントが開催され、日本がスポーツで盛り上がること間違いなしです。あなたもこのお祭りに観客として参加しましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます