日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これでOK!英語での会議を攻略するためのフレーズ集

英語での会議は、やはり緊張してしまうものです。だからといって、発言せずにいるわけにはいきません。まずはお決まりの表現を覚えて、それを使って会議を進めていきましょう。シーン別に英語での会議に便利なフレーズを集めました!

これでOK!英語での会議を攻略するためのフレーズ集

相手に質問をするときには

相手に質問をするのは、会議を進めるために大事なことです。”I have a question.”(質問があります)で始める他には、”What exactly do you mean?”(それはどういうことでしょうか)、”Would you be more specific?”(もっと具体的にお願いできますか)、”Could you explain further?”(もう少し深く説明していただけますか)というように、相手の発言に補足を求める発言も積極的にできるといいですね。

会議を終えるときには

会議を終えるときには、英語でも内容の簡単なまとめと参加者のお礼を添えたいものですね。まとめをするときには”I’d like to sum up our meeting today.”(本日の会議をまとめたいと思います)、”Let me summerize briefly the point.”(簡単に要点をまとめさせてください)などの表現が使えます。”Thank you for your cooperation.”(協力していただきありがとうございました)、”Thank you very much all for your attnding.”(ご出席いただき大変ありがとうございました)と、参加者へのお礼も忘れずに。

知っておくと便利なフレーズ

論点がそれてしまってきたら、”I think we stray from the original topic.”(本題からそれてしまっていると思います)、”Can we return to the original topic?”(元の話題に戻りませんか?) と、有意義な議論ができるように発言しましょう。
相手の意見によりよいアイディアを思いついたら、”How about we do like this?”(このようにしてはどうでしょうか)と積極的に言うようにしてください。

とにかく喋らなければ伝わらない!

いかがでしたか?母国語ではないからこそ、たくさん言葉を発しなければ相手に自分の意図は伝わりません。ぜひ今回ご紹介したフレーズを活用して、積極的に会議に参加してくださいね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます