日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これを言えたらバッチリ?合コンに使える「さしすせそ」とは?

合コンで異性を振り向かせる会話テクニックは、あらゆるところで紹介されていますが、その中で女性がモテるため使うと良いとされるものが「さしすせそ」というもの。では合コンで使う「さしすせそ」とは一体何なのでしょうか。

これを言えたらバッチリ?合コンに使える「さしすせそ」とは?

言葉に詰まったら「そ」の「そうなんだ!」

自慢話に対してほめ言葉を使っていると、いつかはパターンが尽きてしまいます。そうしたときは「さしすせそ」の「そ」を使ってみては。「そうなんですね!」と単独で使っても良いですし、「すごい」を組み合わせて「すごい、そうなんですね!」とほめパターンを増やすのも良いでしょう。話の内容によって「そうか大変ですね」など、共感を示すような言葉をかけられると尚良いでしょう。

別パターン「せ」の「先輩だから」

「さしすせそ」には別パターンの使い方もあります。「センスあるね」で使う「せ」は「先輩だから」という別の使い方ができ、年上の人に相談事を持ちかけるときに効果を発揮します。もうひとつは「せっかくなので」で、「ここまで話を聞いたけど、さらに話を聞かせてほしい」というときに使います。「自分のことを理解しようと頑張っている」という印象を植え付けるのに良いです。

方言を絡めても効果あり

「さしすせそ」を使うときに、地方の方言を絡めて話してもいいですね。「方言女子がモテる」という話もあるくらいですから、語尾などに方言を絡めて話せば、聞いた相手を驚かせることができるでしょう。

逆に避けたいのは「たちつてと」

「さしすせそ」は合コンでぜひ使いたいテクニックですが、逆に避けたいのは「たちつてと」。「た」は「大したことない」、「ち」は「違うでしょ」、「つ」は「つまらない」、「て」は「適当でいいよ」、「と」は「当然でしょ」で、どれも話を進まなくしてしまい、自分の印象を悪くする言葉です。ついつい使っている人もいるでしょうが、できれば使わないように気をつけましょう。

番外編・男性版は「かきくけこ」

今回は女性版のテクニックですが、男性版のテクニックもあります。「か」は「かわいいね」、「き」は「きれいだね」、「く」は「口説いても良い?」「け」は「結婚っていいよね」「こ」は「こっちきて」です。自分が話を聞いているときにこの言葉が飛び出してきたら、「かきくけこ」を思い出してみると良いでしょう。

適度に使ってムードを作り出そう

合コンの「さしすせそ」は一般的な合コンテクニックのひとつで、実際にやっている人も多いでしょう。ただし露骨にやりすぎると、相手も良い気分はしません。適度に「さしすせそ」を使って、和やかな雰囲気の合コンを楽しめるようにしたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます