日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結構知らないもの?女子会で服装を決めるとき注意したいポイント

女子だけが集まる女子会では、服装に厳しいチェックが入るもの。頑張りすぎでも手抜きでもない、「程よい」おしゃれさを出す必要があります。では、女子会の服装を決めるときに注意したいポイントとは、一体何でしょうか。

結構知らないもの?女子会で服装を決めるとき注意したいポイント

ワンピースなら、落ち着いたトーンに

ワンピースを着るなら、落ち着いたトーンのものを選んだら良いですね。ワンピース自体は可愛らしい雰囲気が強めのアイテムで、ピンクなどは特にその傾向があります。女子会でワンピースを着ていくのなら、無地やモノトーンなどの落ち着いたトーンのアイテムが合っていると言えます。

肌やメイクも服装に影響する

服装を決めるのに、肌やメイクのことを忘れてはいけません。自分の肌やメイクの状態を知っておけば、どのカラーを合わせれば良いか想像しやすくなります。服装選びをしながら、そうしたことも気にしていければ良いですね。

ブランド品はアクセントとして取り入れる

財布やカバンなどのブランド品を持っている人は、取り入れ方を心得ておきたいところ。ブランド品はさりげなく取り入れれば服装を引き立て、自分の雰囲気をグレードアップさせてくれます。ブランド品の割合が大きすぎると、うるさい感じになり見ている人から自慢と思われることもあります。ブランド品を取り入れるなら、服装のアクセント程度に使うのが一番良いことを忘れずに。

年齢にふさわしい服装なのか

自分がしようとする服装は年齢に合ったものでしょうか。20代であれば可愛らしさとゆるさを融合したもの、30代なら落ち着いたベース+小物のアクセントといった服装が適しています。花柄など可愛さが前面に出すぎたものは、「男ウケ狙い、痛々しい」印象になってしまうこともあるので、服装の候補から外した方が良いです。

具体的なコーデ例・カジュアル

カジュアルな場であれば、ラフさとこなれ感を出せるものを。トップには華やかさを感じさせるアイテム、ボトムはゆったりシルエットのパンツを持っていくと、ラフさとこなれ感が程よく合わさった雰囲気に。このときボトムにブラックを持っていけば、コーデ全体を引き締めることもできてより良いです。

具体的なコーデ例・高級編

高級な女子会の場なら、ちょっと引き締めた感じの服装に。トップにはブラックを配置、中には白襟シャツで軽い感じに。あとはボトムに細身ストライプのパンツを合わせればオッケー。プラスでさりげなく色の小物を合わせると、洗練された感じが出てきて良いです。

ポイントは押さえて、肩肘張らずに楽しんで

服装のポイントを押さえたら、あとは当日を迎えるだけ。肩肘張らずに、リラックスして当日のトークを楽しんできてください。それでは、良い女子会になることを祈っています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます