日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

同窓会での幹事の仕事とは

同窓会といえば皆さんは参加する側ですか?それとも主催する側ですか?今の時代SNSなどを使って昔の友人でも簡単に連絡が取れる時代になりましたよね?おのずと同窓会とはいかなくても仲良かった人たちと集まりたい!なんてことも増えてくるのではないでしょうか?もしあなたが同窓会の主催者、幹事になるとしたら?ここにいくつかの簡単なヒントをあげておきます。

まずメンバーを集める

誰を誘うのか決めましょう。もちろん全員の連絡先を把握し連絡を取るのはなかなか手間のかかることでしょうから友人を経由してメンバーを集めてもらってもよいかもしれません。参加の意思があるのかを聞くことも重要です。

名簿を作る

ある程度の人数、顔ぶれが決まったら名簿を作りましょう。ここには最低限、名前、連絡先、希望日などを明記しておけばよいでしょう。

日にちを決める

次に日にちを決めましょう。ここでポイントなのがいくつか候補日をあらかじめあげておいて、参加できる人が多い日にするということです。おそらく大人数になると全員が集まれるというのはなかなか難しいことなので、ある程度の人数が集まったら延期などせずその日に決めてしまいましょう。

店を選ぶ

いざメンバーと日付が決まったらいよいよお店を探しましょう。来れるメンバーの数と年齢等を考えて慎重に探しましょう。また、お店にはあらかじめ人数が上下するかもしれないという旨は伝えておきましょう。また当日に手違いがないようにお店に再確認することも重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?しかしここまで来てやっとスタート地点なのかもしれません。当日の会の内容等はあらかじめ考えておく必要もあるでしょう。幹事はなかなか大変な仕事ですが終わった後の達成感も人一倍です。もし皆様が何らかの会の幹事になった時これらのヒントが助けになればうれしいです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます