日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

旅行のしおりを手作りしよう

旅行のしおりを手作りしよう

旅行のスケジュールを確認しやすくさらには旅行後にも思い出を残せる「旅のしおり」を手作りした事がありますか? 事前にしおりを作っていくと、準備からワクワク、旅行に特別感が出て、より楽しめる旅行になります。

今回は、手作りの旅のしおりいついてご紹介します。

 

自由に手書き派?キレイに仕上げるPC派?

手書きは、表紙に似顔絵やメッセージを書いたり、形も様々、自由に作れます。 PCは、何度でも簡単に書き直しができ、綺麗に仕上がります。しおりのテンプレートもたくさんあります。

PCで作成して、後から手書きのイラストやメッセージを入れるのも良いですよ。

 

デザインを考えよう

まずは、しおりの大きさや形状を決めましょう。 基本的には、持ち歩くのに邪魔にならないサイズで作りましょう。製本する場合は、用紙を半分に折り、真ん中をホッチキスでとめれば出来上がりです。これが一番手軽ですね。用紙をじゃばらのように折ったり、花などの形に紙を切って作ってもお洒落です。

 

必須!しおりの内容は?

  1. 日程表:スケジュールを決める事で、当日調べる手間や無駄な時間をなくせます。当日の天候や気分によって、スケジュールを変更する場合もあると思います。スケジュールにはある程度柔軟性を持たせるのがおすすめです。
  2. 持ち物リスト:忘れ物を防ぎましょう。それぞれ持ち寄る場合なども分かりやすく便利です。
  3. お土産リスト:各自記入できるようにし、誰に買うのかを記し買い忘れを防ぎましょう。有名なお土産をピックアップしてイラストや写真を入れるのもおすすめです。
  4. 連絡先:宿泊先の住所や連絡先などを記入しておきましょう。道に迷った際などすぐに確認できるので便利です。

 

個性が光る!アレンジ内容

・『旅のテーマ』:例えば『名産品全制覇!食べ歩き旅行』などテーマがあると盛り上がります。

・『自己紹介、メンバー紹介』:名前と自己紹介や、旅の意気込みを各自書いても面白いですね。

・『旅行先の地図』:これはあると役立ちます。

・『ドレスコード』:”花柄のアイテム”など毎日ドレスコードを決めたり、旅のカラーを決めたり、女子旅なら盛り上がるはず。

・『思い出ページ』:フリーページにし、切符やチケット、写真を貼ったり、スタンプラリーなどのスタンプを押すのにも便利です。その他旅の最後に寄せ書きをするなど、使い方は色々。

 

まとめ

手作りの旅のしおり、いかがでしたか。旅のしおりのアイデアは浮かびましたか?

世界に一つの素敵なしおりを作って、楽しい旅行にいってらっしゃい!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます