日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー 体の入れ方の練習をしたい!

サッカー 体の入れ方の練習をしたい!

サッカーで相手のボールを奪うためには足が速い方が有利です。 足が速いだけでは、ファウルを取られたり反則を取られたりすることもあります。足が早くなくてもボールを奪うことができるのです。それは体の入れ方を学ぶことが大切です。

足が遅くても体が小さくてもボールを奪えるようになります。今回は体の入れ方についてご紹介していきたいと思います。

重心を低くする

まずは、重心を低くすることが大切です。どのスポーツでも重心は大切になってくるのでしっかりと低くしましょう。棒立ちで立っていても、ちょっとした動きに瞬時に動けません。

すぐにバランスを崩してしまうので、重心を低くすることで、相手のフェイントや素早い動きにもついていけます。しっかりと重心を低くしましょう。

間合いの練習

次は、間合いの練習です。間合いの取り方は人それぞれです。離れすぎていてはボールには届きませんよね。近すぎても、簡単に交わされたり、反則を取られる可能性があります。先ほどご紹介した重心を低くした状態が、相手が抜きに来た時に置き去りにされない間をつかむことが大切です。

感覚をつかむこと相手選手の動きをしっかりと観察することが大切で、練習をこなすことが大事になってきます。間合いが上手い人がチームにいると勝利がチームにもやってきます。そのような選手になれるようにたくさん練習しましょう。

反則と紙一重

体を入れるのは相手とボールの間に自分の体を入れることになるので、進路妨害で反則をとられる場合もあります。 このように体を入れるのは反則を取られる可能性があるので、しっかりと練習をし、自分が得意な間合いをしっかりと見極めることが大切です。

反則を取られないように注意しましょう。反則を取られたとしても、どの距離感だと大丈夫なのか、危ないのか感覚がつかめてくるので練習あるのみです。

まとめ

今回は、サッカーの体の入れ方について練習方法をご紹介いたしました。サッカーでは一番大切になってくるボールを奪う技術は、重心をしっかりと低くし、体のバランスをとること、しっかりと反則にならないように間合いをとることを大切に行っていきましょう。

何度も練習を重ねることで自分の感覚がつかめるようになります。間合いが上手い選手や自分の攻撃にしっかりと切り替えてくれる選手はとても重要な戦力になります。しっかりと練習をしていきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます