日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーの練習メニュー【ゴールキーパー編】

サッカーの練習メニュー【ゴールキーパー編】

サッカーのポジションで唯一手を使えるポジションがゴールキーパーです。チームにいくら点を取れるエースストライカーがいてもゴールキーパーが下手だと勝てる試合にも勝てません。

ここではゴールキーパーの練習メニューについて紹介していきます。

 

基本となるキャッチング

まずはキャッチングが基本となります。キャッチングにはオーバーハンドキャッチがあります。オーバーハンドキャッチは、前傾姿勢のまま肘を開きすぎず閉じすぎない状態にします。肘を開きすぎたり閉じすぎたりしているとボールの勢いを吸収できずに後ろに反らしてしまいます。

又、ボールを掴もうとするのではなく、構えた手の平に収まるイメージを持つといいです。構える手の形ですが、まず三角形を作ります。そこから向かい合っている親指と人差し指の角度を上向きにします。あとは自分でボールの収めやすい位置に手を持ってくるだけです。その姿勢を維持しながらボールをキャッチする練習をしましょう。

慣れてきたら実際にボールを蹴ってもらう練習メニューに変更し実践の感覚を身に着けて下さい。

 

パントキック

サッカーではゴールキーパーを起点にカウンターをしかけて点を取る方法があります。ゴールキーパーがシュートをセーブした後に味方付近に大きくボールを蹴り一気に相手陣地に攻撃をしかけます。

その最初のキックで重要なのがパントキックです。遠くに飛ばすのも近くにスローインするのもいいですが、正確に味方にボールが届くようにする必要があります。練習メニューでは、5~10m間隔で目印を置き、そこに正確に蹴る練習をするといいでしょう。

上達するには反復し距離感を掴むことが大事です。

実践練習

実際に試合形式での練習メニューも効果的です。ゴールキーパーに必要な冷静さや判断力を身に着ける為です。試合の流れを全体的に把握し、場合によっては味方に指示を出したりする必要があります。

また、自分のポジショニングの練習にもなり、どのタイミングで飛び出せばいいのかを見極める練習にもなります。

 

イメージトレーニング

サッカーの試合では自分が思うような展開になる事は少ないです。あらゆる場面を想定し、味方のディフェンダーの動きや相手のフォワードの動きを予測しながら頭の中で自分がどう動いたら良いのかをイメージしておきましょう。

経験を積む事であらゆる場面にも対応出来るようになります。

 

まとめ

ゴールキーパーは一見地味なポジションかもしれませんが、重要なポジションであることは間違いないです。常に冷静な判断を意識しながら日々の練習に励んでみてはどうでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます