日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプグッズのアイデア収納術

キャンプグッズのアイデア収納術

いざキャンプに出掛けようとすると、細々とした荷物ばかりが増えてしまいます。あれもしたいこれもしたいとなると、荷物は結構増えます。最近はキャンプでの収納グッズも便利なものがあります。

これを利用しない手はありません。今回は、収納グッズをご紹介いたします。

 

コンテナ

あれもこれもとただ入れるだけで、持ち運びも便利です。頑丈に作られてているので、アウトドアにも向いています。最近のコンテナは機能性も充分ですので、横からも取り出しが可能です。キャンプから帰っても必要なキャンプ用品を、そのまま保管できるのも良いです。

コンテナの中身も、仕切っておけば使いやすくなります。見た目もすっきりグッズを取り出すことができます。わかりやすいように、品名を書いておいても良いです。

 

コンテナ ソフトタイプ

コンテナと同様で必要なキャンプ用品をまとめて収納することができます。ギアボックスはいろいろな大きさがありますので、用途別に購入しても良いです。

防水加工もされているので、急な雨でも中身が濡れることもありません。持ち運びのしやすい取っ手もついているので、重い荷物も運べます。コンテナはおしゃれなデザインも、多く売られています。

 

便利な透明タッパ

スーパーの袋などに食材を入れておくと、キャンプ地についても、わかりずらいものです。なるべく透明なタッパにまとめていれておくと、中身が見えてすぐに取り出すことができます。買い忘れがないかチェックするときも、透明ならすぐに気づくことができます。

 

あると便利なラップ

液体を運ぶ時にも容器と蓋の間にはラップがお勧めです。液漏れ防止になります。キャンプでもラップは残りの食材を包んだり、食材も直接手でさわらなくても良いので、ラップはあると大変便利なグッズです。

 

イスがなくても大丈夫

頑丈なコンテナは、収納ボックスとしても使えますが、キャンプ地ではイスや物置きとしても便利です。ちょっとしたキャンプだから、テーブルやイスも持って行くとなると荷物がかさ張るし、という時でもコンテナで代用品になります。

コンテナも、カラフルなかわいい色合いも多いので、選ぶ楽しみもあります。

 

まとめ

あれもこれもと、車にとりあえず積んで、キャンプに出掛けると、キャンプ地で用具を探して疲れます。サイズ別収納ボックスを、用意すると便利です。収納ボックスを利用して、グッズの取り出しを簡単にしてみませんか?

キャンプグッズをまとめて収納し、楽しいキャンプにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます