日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジション PF(パワーフォワード)について

バスケのポジション PF(パワーフォワード)について

今回はバスケットボールのポジションの一つである、フォワードの中にある、PF(パワーフォワード)についてご紹介してきたいと思います。 オフェンスの中心となるのがPFです。

今回はPFについてまとめてみたので一緒に見ていきましょう。

 

PFの役割

まずは、バスケットボールのポジションの一つである、PFの役割についてご紹介していきます。役割としては、センターと少し似ているのですが、コート内のゴール下を守ること、リバウンドを死守すること、力強いプレーが求められるポジションになります。

積極的に相手にぶつかっていき、パワー勝負をしかけることも多くあります。また、リング下を守っているからこそ全体が見えるので、全体を見てケースバイケースで守っていきます。

 

PFに必要なこと

PFに必要なこととしては、オールラウンダーの選手も増えてきています。リング下を守るだけではなく、リング下でのプレーも増えてくるので、得点をとることが必要になってくる選手です。

また、他の選手とのプレーや、センターとのプレーも増えていくので、様々な技術が必要になってくるポジションです。リング下は、力が強い選手が多いので、パワーに負けない体つくりが必要になってきます。

 

PFで上達するには

PFで上達するには、当たり負けしないパワーが必要になってきます。そのため、筋肉トレーニングや、1対1の勝負力、得点力、ディフェンス、オフェンス共にリング下をセンターと一緒に守り抜く技術が必要になってきます。そのようなスキルが身につくと安定したプレーができます。

自分自身がどういうプレーをしたいか、どういう風にチームの中で活躍していくのかをイメージして、スキルを磨いていきましょう。また、プロ選手やNBA選手を見て参考にするのも良いでしょう。

 

まとめ

今回はバスケットボールのポジションの一つである、PFについてご紹介していきました。体が大きくても体格が細い人、小さくても体格がしっかりしている人大きい選手だけがPFをしているわけではありません。リング下は身長も大切ですが、一番は当たり負けしないことが大切です。リング下は体と体のぶるかり合いが多いため、力で負けるわけにはいきません。

リバウンド、ゴール下を守ること、シュートを確実に決めていくことも大切です。チームから信頼され、心強い選手であることは間違いありませんね。そのような選手になれるように努力していきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます