日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの練習メニューの組み方 〜基礎練習編〜

バスケの練習メニューの組み方 〜基礎練習編〜

今回は、バスケの基礎練習メニューについてご紹介していきたいと思います。「シュート」「ドリブル」「パス」になります。しかし初心者にとっては、その前に大切な基礎練習メニューがあります。

それがバスケットポジションといわれるものです。

 

バスケットボール・ポジションをまず身につけよう

まずは、基礎練習メニューであるバスケットボール・ポジションを身につけましょう。ボールを使った練習ももちろん大切ですが、その前にバスケットボール・ポジションをしっかりと決めることが大切です。基本姿勢を身につけましょう。

試合中、ボールが手元にあるときには腰を低くしたり、攻めの姿勢になりますが、ボールを持っていない時には棒立ちになってしまいがちです。棒立ちからいざというとき一歩目が遅れてしまいます。動き出しが遅れてしまうので仲間との息も合わず、攻めが0.1秒でも遅れてしまうと思うようなプレーにはなりません。いつでもバスケットボール・ポジションを取っておくことが大切です。

 

バスケットボール・ポジションのポイント

次に、バスケットボール・ポジションのポイントについてです。重心はなるべくつま先の方にします。人間歩くときつま先を蹴って逆足のかかとから降りますよね。なるべく、踵ではなくつま先の方に重心をしていると素早く足をけって足り出すことができます。スタンスは肩幅を目安に両足のスタンスを取ります。ヒザをつま先から出ない程度に曲げます。この姿勢は、攻撃の時だけでなく、ディフェンスの基本姿勢でもあります。

ボールをもらったらすぐに、ドリブル、シュート、パスができる姿勢を作っておくことが足せいつです。すぐに動き出せるように重心を落とすことが基本となります。その時にヒザを必要以上に曲げないように気をつけること、目安としては、ヒザがつま先よりも極端に出ないようにすることがポイントです。 また、背筋が丸まったり伸び切っているとすぐに動けません。相撲の四股ふみの上半身を少しイメージします。

 

ボールを持っている時の基本姿勢

ボールを持っているときに基本姿勢についてですが、ボールを持っている時でもこのバスケットボール・ポジションのポイントは変わりません。すぐに動き出せようにつま先に重心を乗せて腰を落とし、軽く膝を曲げます。顔を常にあげておくことも忘れないようにしましょう。

ボールはいつでもすぐにシュートやパスができるように、胸のあたりで持つのが基本になります。ディフェンスの前でボールを持っていたらはじかれてしまうので、キープし、ボールを守る姿勢を保ちましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます