日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジション C(センター)について

バスケのポジション C(センター)について

バスケは1チーム5人で試合をするのはご存知でしょうか。相手も5人なので10人がコートに立つことになります。その5人それぞれの役割がありポジションがあります。 センターとはそのポジションの一つで、チームの大黒柱的な存在です。 今回は、バスケのセンターについてご紹介していきたいと思います。

センターとはどんな役目

まずは、センターの役目についてご紹介していきたいと思います。センターが強いチームは強い!といわれるほどの存在です。センターはチームでいちばんゴールに近いところ、主にゴール付近でプレーをします。 ゴール下で相手に囲まれながらプレーすることが多く、ゴール下のシュート、リバウンドを取ることが大きな役割になります。

自分がおとりになって仲間をうまく使うこともします。ディフェンスの時には、中心となって声を出して相手の位置を教えることも大切な役目となっています。

センターに必要なこと

センターのポジションにとって必要なことをご紹介していきたいと思います。ゴールしたは戦場と言われるほど接触が多いポジションです。センターは身長が高く、体のバランスも良く、ジャンプ力のある選手がなります。センターはディフェンスの要で、チームの支えになる存在です。 大黒柱と言われるだけのポジションです。

相手のシュートをブロックする役割も担っており、得点を取ることも大事ですが、いかに仲間とのコミュニケーションプレーをするかにもつながってきます。接触プレーが多いので当たり負けしな体作りが必要になってくるポジションです。しっかりと筋肉トレーニングをおこない体つくりをやっていきましょう。

まとめ

今回はバスケのポジションにあるセンターについてご紹介していきました。センターは、チームの中でも大黒柱的存在であり、得点をとるだけではなく、ゴールしたを死守するという役割がある存在だということが分かったと思います。背が小さくても力があれば勝ち目はあります。力が一番必世になってくるポジションなので体つくりをしっかりと行っておきましょう。

また、チームプレーも大切で、センターはいかにガードやフォワードとコミュニケーションのとれたプレーが出来るかカギを握っているので攻守ともにチームを支えていけるようにしましょう。センターが良い役割をするチームに勝利が訪れることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます