日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費の平均金額は?

結婚式二次会の会費の平均金額は?

結婚式の二次会を行う場合、費用は新郎新婦を招待する形で残りの参加者の会費で賄う場合が多いと思います。

しかしその会費を決める場合、どのくらいが平均的金額なのか知りたいですよね?ゲームの景品等も含めていいのかどうかも気になります。

また、男女同じ金額でいいのかどうかも知りたいところです。

今回は結婚式二次会の会費の平均的金額について調べていきたいと思います。

会費には地域差がある?

結婚式二次会の会費の平均について調べると、以外にも一番金額が高いのは大阪で、1万円を越える場合が多いようです。

続いて東京の1万円、名古屋の8千円となります。地方では3千円前後のところも多いようですので、1万円以上となると高いと感じるかもしれません。

物価の違いからか都会は平均的に高めです。都会にいる友人の結婚式などに地方から来た場合等はその会費の高さに驚く方もいらっしゃるでしょう。しかし、都会では会場代が高いことが多いのである程度は仕方ないのかもしれませんし、料理等の内容も金額に影響するでしょう。なんにせよ、地域差があることは頭に入れておいた方が良さそうです。

景品は会費で賄う?

結婚式二次会では余興でビンゴ大会などのゲームをすることが多いと思いますが、そのゲームの景品を会費に含めるかどうかによっても会費の金額が変わります。

会費で景品を用意するとなると会費が高くなりがちです。かといって、景品の金額を落としてしまうとせっかくのゲームが盛り上がらなくなります。ですからあらかじめ景品は別に用意した方が良いと思います。できれば新郎新婦が景品を用意した方が参加者も負担にならずにすむでしょう。

男女で金額を変える?

以前は男女で差をつけることが多かったように思いますが、最近では飲み放題や食べ放題などで会場となるお店が男女の金額に差をつけている場合は差をつけるべきですが、そうでなければなるべく金額は同じ方が会計の時に楽になります。幹事の方の負担も少なくなるでしょう。

まとめ

料理や会場等を考慮しない平均はだいたい5~6千円です。端数が出るとお釣りなど会計時に幹事の負担になるのでなるべくなら切りのいい金額に設定したいものです。また、参加していただくお客様の事を考えればなるべく負担の少ない会費に抑えた方が気軽に参加してもらえます。

二次会は披露宴と同じく新郎新婦の門出を祝うものですので参加者の皆さんが気持ちよくお祝いに参加できるようにしたいものです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます