日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【バドミントン】男子世界ランキングトップ3!

【バドミントン】男子世界ランキングトップ3!

バドミントン世界ランキング(2019年1月8日)のトップ3を紹介していきます。2020年に東京オリンピックが開かれますが、このランキングもオリンピック出場に関する重大なものになるので、ポイントの変動をみていくといいですね。

第1位 桃田賢斗(日本)

バドミントンの男子世界ランキング1位はなんと日本人選手の桃田賢斗選手です。バドミントン男子の日本人選手で世界ランキング1位をとったのは初の快挙です。2018年の大きな大会ではアジア選手権金メダル。世界選手権も金メダルの快挙です。

バドミントンはアジア勢が世界でもトップクラスなのでアジア大会での優勝はある意味世界一のレベルとも言えます。桃田選手の実力は中学生からもあり、全国中学校バドミントン大会で優勝したり、男子選手としては初めて中学生で全日本総合選手権の予選に出場しています。高校でも実力を発揮し数々の大会で優勝。高校卒業までに世界ランキング50位まで浮上しました。

実業団でも実力を発揮しリオオリンピックで金メダル候補でしたが、2015年に違法カジノ店での賭博行為があり、無期限出場停止処分になってしまいリオオリンピックには出場できませんでした。2017年に無期限出場停止処分が解け、復帰戦で見事優勝。2018年には先程書いた通り世界選手権でも優勝しており、2020年の東京オリンピックで男子初の金メダル候補として注目されています。

第2位 石宇奇(中国)

世界ランキング第2位は中国の石宇奇(シー・ユーチー)選手です。中国のバドミントンはは男女共に世界トップクラスの実力があります。この石宇奇は桃田がカジノ賭博で出場停止していた時期に台頭してきた選手です。過去のオリンピックで金メダルをとってきた中国人選手を次々と倒し中国バドミントン界のエースにまで成長しました。

過去の戦績では桃田の方が上ですが、2018年12月に行われたBWFワールドツアーファイナルズでは決勝で桃田を破り優勝しています。2020年の東京オリンピックでは桃田のライバルとして立ちふさがるかもしれません。

第3位 周天成(台湾)

世界ランキング第3位は台湾の周天成(チュウ・ティエンチェン)選手です。身長180cmと大きな体格で常に世界のトップに位置する選手です。桃田とも対戦しており、セット数を奪うなど実力はあります。戦績では桃田よりは劣るも、油断していると足元をすくわれてしまいます。

その他の日本人選手

世界ランキングトップ3には入りませんが、バドミントン男子世界ランキング10位に日本人選手の西本拳太選手がランクインされています。

世界ランキング10位ですので今後の活躍が期待されています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます