日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

花見の「シーズン」はいつまで?

花見の「シーズン」はいつまで?

日本人にとって花見は最も重要な行事の一つですね? 家族で、仕事仲間でなど1シーズンで何回も花見をする方もいますよね。近頃では外国人の方も花見目当てで日本に旅行にいらっしゃる方もいるようです。

そんな花見ができるシーズンはいつまでなのか調べてみました。

花見シーズンとは?

花見ができるシーズンとは、一般的にいうと桜が満開になる時期のことです。満開の桜の下で弁当を広げたり、近頃はバーベキューなどをする方もいらっしゃいますね。

もちろん桜が咲き始める時期も満開になる時期も地域差があります。ですからいつまで花見ができるかというのも地域差があるのです。

ソメイヨシノの見頃

天気予報などで紹介されている「桜の開花時期」はソメイヨシノの標準木の開花を気象庁の方が目視で確認して発表されています。日本列島は南北に長く、桜の開花時期も沖縄では1月位から咲き始める所もありますが、北海道ではゴールデンウィークごろに咲き始めたり、見頃を迎えたりします。普通はこの見頃の時期が花見シーズンといえます。

しかしこれはソメイヨシノの場合です。

他の種類の桜は?

ソメイヨシノ以外の桜、例えば八重桜などはソメイヨシノよりも遅い時期に満開時期を迎えます。ですから八重桜が多く植えられている場所ならソメイヨシノの満開時期よりも遅い時期に花見ができます。

気温、標高の違いでも変わる

例えば咲き始めてからの気温の変動も見頃の時期に影響します。咲き始めてから気温が高い日が続いてしまうと、満開になるのが早くなり、満開になった後も気温が高ければ今度は散るのが早くなってしまいます。

逆に咲き始めてからの気温が低くなってしまうと満開になるのが遅れますが、低い気温がその後も続きますと花見ができる時期が長くなります。

花見旅行はいかが?

忙しくて花見シーズンに花見をしそこなったという方はいっそのこと桜前線を追いかけて花見が旅行に行くというのはどうですか?

東北や北海道ならゴールデンウィーク辺りまで花見シーズンが続いていますので、連休に旅行で出掛けて行ってみるのも一興です。

まとめ

いつまでが花見シーズンかと言われたら、1月にシーズンを迎える沖縄もあれば5月に見頃になる北海道もあり、地域差があります。日本全体で見れば桜のシーズンは以外に長く続いています。地元の花見シーズンをはずしてしまったという方はちょっと北上してみると花見ができるかも知れません。

どうせなら今年はちょっと遠出して花見旅行に出掛けてみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます