日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

草野球のピッチャー必見!ボールの握り方

草野球のピッチャー必見!ボールの握り方

運動不足だから草野球でもやろうかな?という方、草野球でもどうせやるならピッチャーをやりたいですよね。

そのためには、まともにボールを投げられるのはもちろんですが、変化球も投げれるとのいいピッチャーとして草野球で重宝されると思います。

ということで、ここではボールの握り方を紹介していきたいと思います。

ここからの説明はすべて右投げの人向けの書き方をしています。

左投げの方は、回転に対する意識は逆に考えてください。

ストレート

良いピッチャーというのはストレートが活きるピッチャーです。

ストレートが良ければ変化球が更に活かせるようになります。

使う指は親指、人差し指、中指です。

ボールの縫い目を横にして、ボールを握ったときに3つの縫い目を覆うように握ります。

綺麗に縦回転で投げられるようになると、俗にいう「伸びのあるストレート」になります。

カーブ

カーブは変化球の中でも、一番基本的な変化球です。

ボールの握り方も一番簡単です。

ボールの握り方は人差し指と中指を縫い目の山の右上を意識して握ります。

親指はその対角線上に握ります。

ボールの回転は前回転で右上から左下のほうに流れるように投げます。

スライダー

ボールの握り方はカーブとあまり変わりません。

ただ投げたときのボールの回転がカーブと違って右から左に横回転になるように投げます。

他に意識することは、リリースの瞬間に中指に力を入れると尚良いです。

シュート

ボールの握り方は2つの縫い目を縦にして、人差し指と中指をその2つの縫い目に合わせます。

人によっては縫い目に指を掛けない人もいます。

そしてボールが左から右に、スライダーとは逆に回転がかかるように投げます。

コツはリリースの瞬間にボールを押し出すような感じを意識して投げると尚良いです。

フォーク

フォークは見た目は一番簡単そうなボールの握り方です。

ボールを人差し指と中指で挟みます。

この時なるべく強めに握ります。

また、ボールの握り方以外に意識しないといけないのは手首のスナップを利かせないことです。

フォークはボールになるべく回転を掛けないことで変化量が大きくなる変化球なのですが、

スナップを利かせてしまうと回転がかかってしまうのです。

まとめ

ピッチャーには欠かせない変化球の握り方を中心にご紹介しました。

しかし、この握り方をしたからと言ってすぐにボールが変化するとは限りません。

たくさん練習し、試行錯誤をして一番効果的と思われる変化球ができるまで頑張りましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます