日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジションは背番号でわかる?

バスケのポジションは背番号でわかる?

バスケットボールでは、ポジションに番号が割り振られています。バスケでは共通の番号になるのでどの番号がどのポジションを指しているのかご紹介していきたいと思います。

1番(ポイントガード)

まずは、1番についてです。1番ポジションはガードと言われています。主に司令塔をこなします。ドリブル、パスを中心に攻め試合をコントロールするポジションになります。周りをよく見る力、ドリブル力が必要となってくるポジションです。

2番(シューティングガード)

2番についてです。2番ポジションはシューティングガードと言われています。シュートが主で3Pを得意とする選手が多いです、ポイントガードの代わりをつとめることがありダブルガードとして活躍します。ドリブル力、外からのシュート力が必要となるポジションです。

3番(スモールフォワード)

3番についてです。3番ポジションはスモールフォワードと言われています。スモールフォワードは、得点力が高い選手やスピードがある選手がつとめます。1対1を行い得点力をあげる選手が主になります。1対1の力が必要となるポジションです。

4番(パワーフォワード)

4番についてです。4番ポジションはパワーフォワードと言われています。パワーフォワードは、インサイドでプレーをすることが多くセンターとの連携プレーやフォワードとの連携プレー、外からでも中でもプレーが出来る選手が主になるポジションです。体幹が強く当たり負けしない選手がなります。外のシュート力も必要となってくるポジションです。

5番(センター)

5番についてです。5番ポジションはセンターと言われています。センターは基本的にリング下でプレーする選手です。ガード、フォワード、パワーフォワード等と連携プレーを行い、積極的にリング下でプレーする選手です。

体をはってリング下でプレー選手なので、体幹が強い人ジャンプ力がある人などが選ばれます。リング下でどれくらいの力が出せるのか、カギになってくるポジションです。リング下のプレーが必要になってくるポジションです。

まとめ

ポジションの番号にはそれぞれ役割があり、意味がしっかりとあるのでぜひ覚えておきましょう。どのポジションが自分にあっているのか、意味を考えてポジションを行うと良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます