日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケの機種別に特徴を教えて!

現在、カラオケで使われている機種はDAM系列とJOY系列に大きく分かれます。
まず、この系列の違いについて説明します。

DAM系列

こちらの系列は、どちらかというと「カラオケが上手くなりたい」だとか、「音質が大事だ」、といった、カラオケという娯楽ながら本格派の趣向に合わせた仕様となっており、音質には立体感・重厚感があり、それまでのカラオケの音の軽い感じを忘れさせてくれます。
また、採点において音程に関する判定が厳しいので、本格派の人に、「精密採点」機能が愛好されています。

機種としては「一番精密採点の点数が取りにくい」ことで有名な「PREMIER DAM」と、これの後期型で、さらなる音質と歌のテクニックの判定の精密さを向上させた完全上位互換の「LIVE DAM」が使われています。

JOY系列

こちらの系列は、「アニソンを多く歌いたい」だとか、「同人のマイナーソングを歌いたい」など、サブカルの趣向を多く取り入れた仕様になっております。それによって群を抜いた曲の収録数を誇ります。
さらに、現在では「うたスキ動画」といい、自分の歌う姿を動画サイトにアップロードできる機能が付いたので、「歌ってみた」ジャンルが栄えるきっかけにもなっています。

機種としては、純JOY系列の「CROSSO」と、JOYとUGAが共同で開発し、双方のノウハウを取り入れた「JOYSOUND f1」が使われています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます