日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

行ってよかった福岡県の花火大会厳選3選

今回は福岡県内のおすすめ花火大会を3つご案内いたします。次の夏のおでかけに、ぜひ参考にしてくださいね。

西日本大濠花火大会

福岡市天神エリアからすぐの大濠公園で開かれる花火大会は、都会ということもあって毎年大変な人出となります。公園の中心に位置する池で打ち上げられるので、360度から楽しむことができるのもポイントです。場所取りに時間をとられたくない・ゆっくり眺めたい、という方には大濠公園横の舞鶴公園と平和台陸上競技場に有料席が開設されるので、ぜひチェックしてみてください。

筑後川花火大会

なんと慶安3年(1650年)に始まり現在まで続く、西日本最大級の花火大会です。およそ18,000発もの花火が打ち上げられ、迫力と美しさを同時に満喫できます。大輪花火や仕掛け花火、ナイアガラなど、いろいろな花火が展開され、迫力満点の一夜になることでしょう。

関門海峡花火大会

毎年必ず8月13日に、九州と本州を分ける関門海峡で開催される花火大会です。両岸から合わせて13,000発が打ち上げられ、迫力満点。今回は「福岡県の花火大会」としてご紹介していますが・・・、そうです!この花火は本州側の山口県下関市からも楽しむことができるんです。メインの客席までは多くの露店が並び、多くの人で賑わいます。周辺道路は非常に混雑するので公共交通機関での来場をおすすめします。

いかがでしたか?ほかにも遊園地・テーマパーク内ので花火打ち上げ、地域のお祭りでの花火など、いろいろと楽しむことができますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます