日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハロウィン の伝統料理 を作りたい!

ハロウィンの仮装は定着しつつありますが、ハロウィンの料理ってなんだかピンと来ない方も多いのでは?
ハロウィンの本場アイルランドではこんな伝統料理が食べられているようですよ。

パンプキンシチュー

かぼちゃの甘みがとっても美味しいかぼちゃたっぷりのパンプキンシチューはお子さんにも喜ばれそうです。
肌寒いハロウィンにぴったりですね!
かぼちゃをくり抜いたあと、皮は器に使えば雰囲気アップです。

アップルサイダー

本場、アイルランドではハロウィンには必ずアップルサイダーが飲まれるそうです。
ハロウィンが収穫祭である事が由来で飲まれるようになったようです。
サイダーといっても、炭酸でなくシナモンなどのスパイスや香辛料が使われホットで飲むの事が多いそうですよ。

りんごは樹木と果実の女神とされていて、ハロウィンのパーティでは「ダック・アップル」というゲームが定番です。
水をはった桶にりんごを浮かべ、それを口で取るゲーム。
欧米版、パン食い競争みたいですね。

バーンブラック

なんだか聞き馴染みがないですが、フルーツケーキの一種です。
アイルランドではこのバーンブラックにコインや指輪、ボタンを入れて焼き、スライスして食べます。
自分のバーンブラックにコインが入っていた人は1年リッチに。
指輪が入っていた人は結婚できたり恋愛がうまくいき、ボタンが入っていたら結婚はお預け、など占い遊びが行われているようです。
使われるフルーツはレーズンが多いようです。
小麦粉とベーキングパウダーにシナモンやナツメグをいれて焼きます。
紅茶を入れても美味しいそうです!

コルキャノン

こちらもなんだか聞き覚えのない料理ですよね。
ベーコンやキャベツ、じゃがいもをミルクで和えたサラダです。
柔らかく茹でたジャガイモを潰してあるのでポテトサラダのような食感です。
またバターを乗せて食べるのが美味しいのだとか。
アイルランドのハロウィンでは定番だそうですよ。
普段のお料理にも使えそうですね。

パンプキンパイ

甘いパンプキンパイは皆んなで切り分けて食べられるのが嬉しいですよね!
甘さ控えめにすれば大人の味になります。
パイ生地は冷凍の物が便利です。
かぼちゃを荒く潰して、クリームチーズや生クリーム、バター、砂糖を混ぜるだけで美味しい餡になりますよ!
あとはオーブンで焼くだけと意外と簡単に作れます。

まとめ

いかがでしたか?
かぼちゃを使った料理から、初めて聞く料理まで様々な伝統料理をご紹介しました。
本場の伝統料理でテーブルを飾れば雰囲気バツグン。
皆んなでワイワイ、楽しいハロウィンパーティにもぴったりですね!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます