日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスの練習メニュー 〜初心者向け〜

テニスをまだやったことのない人や、これから始めていきたいという方にお勧めの初心者向けのテニスの練習方法について紹介します。

テニスをやる際の初心者が学ぶべきマナーについて

テニスをやるにあたってはまずマナーを守らなくてはいけないことがあります。たとえば、練習で壁打ちをする際に大勢でやるのと少人数でやるのとでは結果が大きく変わるという認識が必要です。できれば少人数でやった方がいいのですが、やむを得ない場合については大人数でもいいのかもしれません。しかしマナー上においては少人数がなおさらいいです。このように、練習を率先してやるのもいいことですが、ほかのプレイヤーの邪魔にならないように工夫をしたり、自己中心的な行動は慎むようにプレーも練習もすることが大切です。

本格的かつ基本的なテニスの練習方法とは

初心者がまず習うべき基礎的な練習は「フォアハンドストローク」と「バックハンドストローク」といわれるものです。要するにラケットの持ち方のことで、様々なフォームがあるので覚えておくといいでしょう。持ち方の確認ができたら、実際に打ってみましょう。基本的に相手のコートへボールを返す時は、金魚すくいみたいに下からすくい上げるような感覚を持つといいです。打つ時は手首はしっかりと固定し、体を柔らかくしたうえでボールにあたる瞬間に全身(特に上半身)に力を入れるイメージをつかむといいです。

初めのうちはボールとラケットの距離感覚など難しい部分もあると思いますが、自分で感覚さえつかめれば、中級レベルにも到達すると思うので、形づくりから入ることをお勧めします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます