日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アメフトの甲子園ボウルを観に行こう!

アメリカンフットボールって名前は聞いたことあるけど実際にはどんな試合内容なのか興味ありませんか?イメージ的には結構激しいスポーツでちょっと怖いイメージの方もいるかもしれません。そこで今回は、日本大学生達によるアメフトの試合「甲子園ボウル」を紹介したいと思います。

なぜ甲子園ボウルというネーミング?

甲子園ボウルの立案者である大阪毎日新聞社の編集局長(のちに社長)に依頼されひとりの新聞記者がアメリカンフットボールの試合会場を捜していました。アメリカではアメフトのビッグゲームに「ボウル・ゲーム」と名づけていたため、そこにこだわりをおきおわん型のスタジアムでの試合実現を目指しました。そして甲子園球場への交渉が実り、ボウル・ゲームとかけて「甲子園ボウル」とネーミングされました。

出場資格は?

甲子園ボウルには西日本と東日本で行われた予選で勝ち抜いた代表校同士が争いをします。西日本では、東海、北陸、中四国、九州地方の代表校がトーナメント戦をしてから、関西学生リーグの代表校(※関西学生リーグが1校の場合)と対戦をして西日本代表を決めます。東日本では、北海道、東北の代表校が対戦をしてから、関東学生リーグの代表校と対戦をして東日本代表を決めます。そしてそれぞれの代表校が甲子園ボウルの舞台で戦うのです。

日時と場所は?

毎年12月の第3日曜日に兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場で行われます。

まとめ

選びに選びぬかれた選手たちの熱い戦いはきっと寒さも怖さも吹き飛ばしてくれるはずです。ぜひ一度足を運んで甲子園ボウルを観に行ってみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます