日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会後に新入社員をカラオケに連れて行く あり?なし?

カラオケ、若い新人たちを喜ばせようと連れて行き、ここで楽しい会社を感じてもらおうという思いをあるのでしょうが、ちょっと待ってください。
みながみな、カラオケ好きとは限りません。
誘うという方々は漏れなくカラオケ大好きな人たちでしょうから、まさか嫌いなの?という思いをお持ちかもしれません。

カラオケは新人からの発案以外は、原則なし

もちろんカラオケ好きな新人もいるでしょう。
ですが、それがはたして“知らない先輩と行く”場合も好きとは限りません。
カラオケ好きは歌うことを楽しむ人たちが多いように思いますが、先輩といることで変な遠慮が出たり、聞き役ばかりでつまらないと感じるケースも多いようです。
嫌いなひとはそもそも人の歌を聞くのがという思いもあるでしょうし、歌わされそうになることでより嫌気を感じる人もいるようです。

カラオケに行くのであれば自主参加

それでもどうしても盛り上がったケースもあるから行きたいな、楽しんでもらえる自信があるという場合、自主参加にするというもの。
歓迎会後に“ワンクッション”はさむのが好ましいです。
飲み屋などで小さな懇親会を開いて、適度に楽しんだら解散とします。

ただ、あくまで自分たち(先輩側)はカラオケ好きだから行くけれども、もし来たければかまわないよというスタンスで声をかけてみてはどうでしょうか。

本当にのりがよく、カラオケ好きの子であれば一人ででも行くでしょうし、そういう子であれば盛り上がってお互い楽しめると思います。

最近では、上司と飲みに行くことすら嫌われる傾向のある会社の人付き合い。
長い目でみれば、飲み会は嫌だけどカラオケだったら行くなんて子もなかにはいるかもしれません。
うまく“カラオケ”というものを活用していきたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます