日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【箱根の観光スポット】箱根登山列車で行く初心者ハイキング

箱根登山鉄道は1919年の開業以来100年近くもの間、観光客やハイカーの足となり愛されてきました。
初夏には沿線に紫陽花が咲き乱れ、大変な賑わいになります。
箱根の数あるハイキングコースの中でも、趣の異なる2つの滝を巡る魅力的なコースをご紹介しましょう。
登山鉄道の小涌谷駅から旧街道の畑宿まで、歩程2時間半の初心者でも安心して歩けるコースです。

千条(ちすじ)の滝

小涌谷駅を後にして道標に従い、舗装された道を歩いて千条の滝へ向かいます。
千条の滝はその名の通り、たくさんの糸のような水が岩から流れ落ちる優美な滝です。
ここまではハイカーのほかに観光客も多く訪れます。
ここから先は登山道となり二手に分かれますが、まずは標高804mの浅間山を目指します。
頂上周辺は広場のようになっているのでゆっくり休憩できます。
浅間山からいったん下って林道を歩き、登り返すと標高834mの鷹取山です。

飛竜の滝

鷹取山から南側へ下り、車道に出たところでさらに登山道を下っていきます。
急な下りなので足元に注意しながら歩きましょう。
途中にもうひとつの見所、飛竜の滝があります。
飛竜の滝は上段と下段に別れ、豪快に水が流れ落ちています。
滝を楽しんだら畑宿まで下ります。
畑宿からはバスで箱根湯本駅まで戻ることができます。

畑宿でバスを待つようなら、茶店や蕎麦屋などで一休みできます。
また時間があれば箱根の伝統工芸の寄木を展示販売する畑宿寄木会館に寄るのもよいでしょう。
箱根湯本駅付近には日帰り温泉もあるので、電車に乗る前に汗を流すのも一案です。

まとめ

ハイキング適度に汗をかき、疲れた後の温泉は最高ですよね!
天気の良い日にぜひ、企画してみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます