日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスのトレーニングといえばやっぱりランニング?

テニスでよい結果を出すためには体力の増強が必要です。そうするためにはランニングが必要になってきます。では、効率的なランニングの方法とはいったい何なのかを見ていきます。

ランニングをすることによって得られる力とは

ランニングはジョギングと違って少し苦しく走ることを指します。つまりお友達と会話をしながら走ってもあまり効果は得られません。自分自身に息切れを起こすような感覚で短期集中型でやるといいでしょう。また、ランニング中に少しきつくなったと感じるようになったら、ジョギングにチェンジすることも大切です。また、テニスでの体力向上に努める方もいるのですが、中にはテニスでたまったストレスを発散するためにやる方もいます。これももちろん効果的で、楽しくテニスをやるためなら手段を問わずに走った方がいいのです。

テニスとランニングの大きなかかわりとは

実際にランニングをして体力だけ増強してもコストパフォーマンス的には良くありませんから、別のトレーニングメニューも一緒にやらなくてはいけません。そこで、フットワークを浴するためにランニング中は大きく足を動かすということに挑戦してみるのもいいでしょう。こうすれば、太ももやふくらはぎも鍛えられますし、筋肉を素早く動かすための準備もできます。

ランニングをすることで得られるものはたくさんあります。短時間でもいいので始めてみると実際の練習でフットワークが軽くなったりするのでお勧めです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます