日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス初心者が一人でもできる練習法は?

テニスをやりたい!という衝動に駆られたときにいったい何を練習したらいいのかわからないとなったことはありませんか。そんな方のために今からすぐに一人でできる練習方法について紹介します。

テニススクールでやっていることを自宅で簡単にできる練習方法とは!?

基本の動作を学ぶために行うのが「コーティシーストローク」という練習方法です。これは自分でボールを落としてラケットを打つだけの簡単な練習方法になります。この時に重要視してもらいたいポイントは、自分のフォームが正しい姿勢になっているかどうかということです。自分でボールを投げているので、打ちやすいボールが何回も来ることで自分らしいフォームを身につけることができます。特に練習中に調子が悪くなったときに行うと、自分を見つめなおすという観点から修正することができます。

もっと「コーティシーストローク」を有効活用する方法とは

コーティシーストロークは毎回同じような練習方法では飽きてしまうし、なかなか身につかない部分があるのが欠点ですが、少し工夫を加えるだけでもっと楽しく効率的に練習できます。方法の例としてボールを打つ場所を変えてみるということです。テニスでは同じボールの軌道が2度も3度も飛んでくることはないため、いろんな視点でボールを打つことで上級者への仲間入りの第一歩を踏み出すことができます。

コーティシーストローク以外にも自分でオリジナルの練習方法を作れば上達します。特にフットワークなどを重視した練習もメニューに取り入れると一石二鳥です

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます