日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

駒ヶ根ハイキングで千畳敷カールの景観に感激!

信州長野県の南部、南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷に、駒ヶ根高原があります。
そこからロープウェイで、気軽に3000mの駒ヶ岳千畳敷カールまで行くことができます。
大自然に圧倒される、その絶景を紹介します。

千畳敷カールへのアクセス

車なら、中央道駒ヶ根ICから「菅の台バスセンター」まで行きます。
電車なら、JR駒ヶ根駅からバスが出ています。
菅の台駐車場に車を置きます。一般車両はその先は進入禁止です。
専用バスとロープウェイを乗り継ぐこと50分ほどで到着します。

千畳敷カールってなに?

ロープウェイを降りるとすぐ、目の前には駒ヶ岳、宝剣岳の勇壮な姿が飛び込んできます。
そしてその麓に広がる広大なカール!
「カール」というのは、今から約2億年前に、氷河がゆっくり浸食して作った半円形の窪地のことです。
その広さは、畳を千枚敷き詰めたくらい広いという意味で「千畳敷カール」と名付けられました。

四季折々の景観に感激!

カールには遊歩道が設置されていて、1周およそ50分ほどで周れるハイキングコースになっています。
岩も転がっていますが、割合平坦で誰でも気軽にハイキングできます。

春~初夏

遅い時期までスキーができることで有名です。
残雪が多く、まだ滑り足りないスキーヤーの訪れが多いです。

http://www.komagane-onsen.net/img/guide/5.jpg

カール一面に花が咲き乱れます。
その数およそ150種類もあり、高山植物の宝庫として知られています。

http://www.kankou-komagane.com/upload/institution/20120126140039_01.jpg

山肌一面が黄金色に彩られ、その美しさは言葉に表せません。

http://www.kankou-komagane.com/upload/news/th_20141003115742_01.jpg

天気の良い日は紺碧の空が広がります。
山は一面真っ白に彩られ、そのコントラストに目を奪われる人も多いのだとか。
純白の中でウェディングも行われます。

http://www.kankou-komagane.com/upload/news/th_20130824141114_01.jpg

おわりに

四季を通しての景観がとても素晴らしいです。
特に夏・秋はハイキングに絶対おすすめです。
アルプスの大自然に感激することでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます