日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケで歌いやすい曲 〜アニソン編〜

アニメソングの中で、カラオケで歌いやすい曲として、どういった曲があるでしょうか。
今回は、歌いやすいアニソンの共通点とその例を紹介します。

90年代のアニソン

アニソンの趣向は、年代において大きく異なります。
例えば、80年代のアニソンは大きく二つに分けると「ワイルド系」と「お姫様系」に
分けられます。
「ワイルド系」は、男女関係なく、とにかく雄々しい歌い方がされている曲であり、
声量とともにビブラートや高音、ロングトーンなどのテクニックが要求されるので
一般人が歌うにはとてもハードルが高い曲が多いです。
簡単な例を挙げるならば、
「北斗の拳」の「愛をとりもどせ」や、「キン肉マン」の「キン肉マンGo Fight」などです。
「お姫様系」は、この年代の女性歌手にありがちな歌い方で、アイドル歌手に多く見られます。
テクニック的に歌いやすいかどうかはともかく、今の価値観で考えるととても「ぶりっこ」のような
歌い方をするので、こういった意味で歌いにくいかもしれません。
例としては、「超時空要塞マクロス」の「私の彼はパイロット」や、
「がんばれ!キッカーズ」の「君は流れ星」などがあります。
最近の曲は逆にアニソンのキャラ声で歌われていることが多く、
テンポがありえないほど速い曲が多いので難易度はとても高くなります。
その中間に位置する90年代の曲は「ゆっくりで、単調な曲」が多いので
チャレンジしやすいのです。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます