日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスの練習メニュー3選 〜サーブ編〜

テニスをやって上達したと感じるようになるのは「サーブがうまくいった」時が挙げられるのではないでしょうか。初心者でもわかりやすくなれやすいサーブの練習方法3選を紹介します。
www.youtube.com/watch?v=ANOGOjZGioY

学校の体育の時に渡った「平均台」を思い出す練習方法を!

小学校などの体育の時間に平均台に上った記憶はないでしょうか。サーブを打つ時に、平均台に自分が乗っているときの感覚を思い出すことでうまくいくことがあります。理由としてはバランス感覚が平衡して保たれているからです。平均台はバランス感覚がないと落ちてしまうので、体幹を鍛えるという意味では効果的な練習になります。

成功しても失敗してもいいようなサーブの練習をする

初心者の方は特に「入れよう」と思って打とうとする方がいますが、サーブは特別に慣れが必要です。なので失敗しても何回も何回も相手のコートに返そうとすることで、自然と上達してきます。なので、自分のフォームに合わせたサーブをたくさん打つことが重要です。

ボールをトスする場所に注意しながらサーブを打ってみる

テニスではサーブの時ボールを真上に投げて打つイメージが強いのですが、初めのうちは真上どころかいろんな方向に飛んでしまうと思います。そこで、相手にトスを上げてもらってサーブを打つ練習方法が一番効果的です。これは後々やるとだめですが、初めのうちはボールの軌道を把握する練習と思ってやるといいでしょう。

テニスにおいてサーブはとにかく慣れが必要です。いろんな練習方法がありますが、自分にとって最も利益のある練習方法を見出すことが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます