日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス用語がわからない!得点に関する用語

テニスの得点の数え方には覚えておかないとわからないものがあります。ゲーム中でも使えるポイントの数え方についてみていきましょう。

テニスのポイントの数え方の基本とは

よくテレビなどのゲームで表示されるポイントには、15や30などの表示がありますが、あれはただの表示であってポイントではありません。基本的には4ポイントで1ゲームというルールにのっとっています。また表示は30の次が40であることも覚えておくといいでしょう。そしてお互いにポイントが3対3になった場合はデュースになります。そしてこれから1点差離した時に出る表示がA(アドバンテージ)で、次にその選手がポイントをとったらゲーム先取という形になります。

よくある「セット」についてとテニスにしかない特別なルールとは!?

ゲーム中は通常6ゲームとったら1セットになります。これは男子女子やシングルスダブルスの時にも同じルールが適用されます。(一部の大会などでは違うルールが適用されることがあります)セット数ですが、男子シングルスの場合のみ5セット先取で、ほかは3セット先取が主流となっています。また5ゲーム対5ゲームで試合が拮抗している場合はデュースと同じ要領で2ゲーム差をつけた方が1セットとなります。またテニス独自のルールに「タイブレーク」というものがあり、デュースが長く続いてポイントが6対6になったら、7点目をとったプレイヤーが1ゲームとるという特殊ルールもあります。

いろんなルールがあって難しそうに見えますが、冷静になって考えると簡単なものが多いので、練習のスキマ時間に覚えるのもいいかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます