日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行におすすめの観光名所 〜東海編〜

東海地方は、太平洋に面したおおらかな海のレジャーと、清らかな川のレジャーに代表される観光スポットが満載です。社員旅行におすすめの観光名所をご紹介します。

志摩スペイン村

三重県の複合リゾート「志摩スペイン村」は、きらめく太陽、紺碧の海、明るさとおおらかさが感じられる複合レジャー施設です。テーマパーク「パルケエスパーニャ」を中心に、子供連れのファミリーから、シニア層、グループにも幅広く楽しめる観光スポットです。
パルケエスパーニャに隣接したスペイン風のリゾートホテルは、開放感をそのままにゆっくりとくつろげる空間となっており、遊びプラス宿泊がパッケージになっているので、社員旅行としては人気の高いスポットです。
1日遊んで、温泉でゆっくりした翌日には、伊勢神宮の参拝で締めくくるというのもいいでしょう。

スリル満点の日本ライン下り

雄大な川の流れがドイツのライン川にたとえられ、日本ライン下りと命名されました。美濃太田から犬山橋下までの木曽川、約13㎞を波しぶきも豪快に下る遊覧船の旅です。遊覧船といっても、迫る岩の間を縫って下ったり、熟練のせんどうさんの見事な舵さばきに感動しつつ、かなりスリリングな川下りとなります。
「大濤の瀬」や「可児合の瀬」などの早瀬が縫うように連続し、船から見る屏風のように切り立った断崖、亀岩やライオン岩、猿岩など自然が造った数々の奇岩怪石の造形美に目を奪われてしまいます。
ちなみに12月1日から3月中旬までの冬季は運休です。

長良川温泉

鵜飼で有名な長良川。その周辺にあるのが長良川温泉です。鉄分やラドンを多く含む鉄泉で、銅色のにごり湯で神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などに効能があるそうです。露天風呂から岐阜城を眺めながら、織田信長が生きた戦国時代のロマンに心をはせてみるのもいいのではないでしょうか。
長良川といえばやはり見てみたいのが鵜飼です。この漁法は1300年もの歴史があり、明治時代には宮内庁式部職という官位が授けられて、その伝統が守られています。かがり火の中を鵜匠が巧みに鵜を操っている姿は、悠久の時を感じさせ、古代絵巻を想像させます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます