日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

成人式 のお祝い のお返しは何が良いのか

成人式はもともと奈良時代に行われた元服を起源とする日本ならではの風習で、諸外国では成人式という式典などはありません。初めて袴や振袖を身につけた人も多いのではないでしょうか。見た目だけではなく知識を持って振る舞えるようになりたいものですね。

内祝い

いただいたお祝いのお返しを「内祝い」といいます。内祝いは様々なお祝いの節目で、お祝いをいただいた後にそのお返しとして贈られるものです。成人は勿論、入学や結婚、出産などの慶事に貰ったお祝いへのお返しの品ですが本来は文字通り、内=自分のお祝いです。おめでたい事があったので喜びをお祝いの品という形で表し皆様にも御裾分けし、一緒に祝ってもらうというのが本来の意味です。

相場とお礼状

成人式のお祝いへのお返しはよく必要ないとも言われますが、せっかくお祝いをいただい方にはお祝いの3分の1から半額程度を品物やお菓子で贈り、感謝の気持ちを伝えます。その際はぜひ礼儀として本人のお礼を添えると好感がもてます。お礼状を書く事を忘れずにしましょう。遠方の方へ商品を発送する場合も同じくメッセージカードやお礼状を添えて送るとスマートです。

贈るもの

ごく親しい方へのお返しに成人式での写真を写真立てに入れて贈れば記念になります。祖父母には特に喜ばれそうです。最近では結婚式の引き出物にもある贈られた方が好きな商品が選べるカタログギフトも一般的になってきたので、悩んだ時は活用できそうです。また生まれ育った場所の県産品を選んで贈れば印象深いお返しになりそうです。

まとめ

成人式から2~3週間の間にお返しをするのがベストです。遅すぎても早すぎても相手側には気を遣わせてしまったと思われる原因になってしまいます。成人式を無事に終えただけで大人になれるわけではありません。いただいたお祝いに感謝を込めてお返しをして成人の自覚を持ちましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます