日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

三重県の紅葉狩りの名所3選

秋になるとやっぱり紅葉を見に出かけたくなる方も多いのではないでしょうか。
美しい自然の中鮮やかに色づいた紅葉をゆったりと鑑賞し癒されましょう。
こちらでは三重県の紅葉狩りの名所を3つご紹介します。

☆赤目四十八滝☆

四季を通して豊かな自然を満喫できる癒されスポットですが、秋はまた一段と素晴らしい景色が楽しめます。たくさんの滝や渓流と鮮やかに色づいたイロハモミジ、カエデ、ヤマザクラなどの紅葉をたっぷりと満喫することができます。透明度が高く綺麗な水は「平成の名水百選」にも選ばれ、オオサンショウウオの生息地としても知られます。ライトアップも行われます。

☆宮妻峡・水谷もみじ谷☆

江戸時代から藩主が自然保護に力を入れてきた紅葉の名所です。鈴鹿山脈南部にある渓谷宮妻峡。
上流にはキャンプ場などもあり、ハイキング・釣りなどの人気スポットでもあります。
一帯にモミジやブナなどが群生し秋には色づいた木々が鮮やかに彩ります。
11月下旬頃にはもみじ祭りや夜のライトアップも行われます。

☆伊勢神宮内宮神苑☆

天照大神を祀る2千年もの歴史を持つ伊勢神宮。
「お伊勢さん」などと親しみをこめて呼ばれ一年を通して非常にたくさんの参拝客が訪れます。
五十鈴川のほとりにご鎮座の皇大神宮を内宮といいます。秋になると美しい五十鈴川の水面に映るカエデなどの紅葉が美しく訪れるものを魅了します。参拝後はおかげ横町やおはらい町などの散策を楽しむこともできます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます