日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケ音痴が絶対にしては行けない選曲?

音痴そのものが決していけないわけではありません。
しかしながら、音痴だとどうしてもそれをネタにされてしまい、
不快な思いをする経験から、本来楽しいカラオケだって苦痛に他なりませんし、
簡単に修正できるものではありません。
それでも、集団でカラオケをすることになれば、できるだけそれが露呈しないように
選曲には神経をすり減らしてしまうものです。
音痴を見せないようにするにあたり、NG曲の特徴を紹介します。

「音程の幅が大きい」

これは最近のノリが軽快な曲にありがちです。
聴いている分には心地よいのですが、自分で再現するのは大変です。
まず、ある音程に注目し、別の音がその音程よりどれだけずれているのかが
認識しづらいので、できるかぎり音程が一定のものを選ぶと、
大きく音を外さずに済みます。

「声量が必要なもの」

大きく声を出すほど、音程はずれやすくなります。
シャウトする必要のない、できるだけ話し声から遠ざからないような、
「歌わない歌」をチョイスできると楽になります。

「ゆっくりとした曲」

曲がゆっくりしているということは、それだけ一音一音を出す時間が長いので
それがずれているとずれている時間が長くなることになります。
あまりにテンポが速すぎても大変かもしれませんが
音が速いと、ずれていても「そんなものか」で済まされる確率が上がります。
また、マイナーソングであれば、原曲が分からない人が多くなるので、
この確率がさらに上がるのでよい誤魔化しになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます