日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケ用語を学ぼう!シュートについて

バスケの一番の見所と言えば、やはり他のスポーツよりもより多くゴールシーンが見られる事です。

ゴールを決めるシュートの種類も豊富にあるのが、バスケットを見ていて飽きる事がない要因です。

ジャンプシュート

バスケのシュートの基本であるジャンプシュート。
試合の中でも一番多く決まるシュートです。

ボールを放った後にしなる手首。
美しい放物線を描きながら、スパッとゴールネットにボールが収まる様は見ているだけで気持ち良くなれます。

レイアップシュート

ドリブルからステップをあわせてジャンプ。
片手でボールをゴールに置いてくるようにボードにあててゴールを狙うのがレイアップシュートです。

レイアップシュートは、ジャンプシュートよりもゴールに近づいてシュートするので、ゴール率が高いのが特徴。
ノーマークの時だけでは無く、スピードに乗ったドリブルからのレイアップシュートなど、様々なシチュエーションで使用されるシュートです。

ダンクシュート

海外のバスケを見ていて一番気持ち良く、豪快なのがやはりダンクシュートです。

ボールをリングにそのまま叩き込む姿は、自分も一度はやってみたいと思う程カッコいいですね。

ゴール下での混戦から強引に両手で決めるダンク。
スピードに乗った状態でゴールに近づき、相手に近寄る隙を与えずにそのままゴールに叩き込むワンハンドダンクとダンクの種類も様々です。

選手によって様々なシュートのフォームにも個性が現れるので、シュートフォームの違いを見つけるのも面白いかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます