日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニスのルールを教えて!初心者が知っておくべきルール

去年はATPツアーファイナルが民間の放送局で放映され釘付けになって観ていたのを覚えています。そこで初めて試合を観戦する方でも楽しめるように、必要最低限のルールをまとめてみました。

得点とセット

テニスでは4ポイント先取で1ゲームを獲得でき、基本的には6ゲーム先取で1セットを獲得できます。試合によって3セットマッチや5セットマッチになるので、先にセット数の半分以上(3セットマッチは2セット、5セットマッチは3セット)先取したほうが勝者となります。さらにポイントは、1ポイント、2ポイント・・・と数えるのではなく、0、15、30、40、ゲームと数えられていきます。”ゲーム”が4ポイント目なので”ゲーム”とコールされた時点で1ゲームを獲得したことになります。これを6回以上(6ゲーム以上)繰り返しやっと1セット獲得となります。さらにこのセットを2~3セット獲得できてやっと勝者が決定します。

サーブとレシーブ

試合が始まるときには必ずサーブする側とレシーブする側にわかれます。サーブとは「最初に相手に対してボールを打つこと」です。サーブには次の条件があります。
①手でボールをあげ、ボールが着地するまでにラケットで打たなければならない。
②自分側から見て対角線にある相手側のサービスコート(サーブのときに得点がはいるスペース)にノーバウンドでいれなくてはならない。
また、サーブでサービスコート以外にボールが入ったときは「フォルト(失敗)」となり2回失敗した時点で相手ポイントとなります。

まとめ

まだまだ細かい点でのテニスのルールが存在します。しかし最初は「打ったボールが相手側のサービスコートに入り得点を重ねていく」ぐらいの気軽さで楽しめたらなと思います。一度観戦したらテニスの虜になること間違いなしです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます