日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【関西版】温泉のテーマパーク入場料と営業時間一覧

温泉でリラックできるということはもちろん、温泉選びにとって大切なことの一つです。
例えば子供と一緒に行く場合や、温泉地でもたくさん遊びたいといったときはどうでしょうか。
ただリラックスするだけでは物足りないでしょう。
ここでは、関西にある温泉でも遊べるテーマパークについてご紹介します。

有馬グランドホテル

兵庫県有馬温泉街の高台に位置するリソートホテルです。
有馬温泉街を見下ろす絶景を有するホテルで、最上階の展望大浴苑「雲海」からの景色は壮観で、一見の価値有りです。
ホテル敷地内の中庭には巨大なプールがあります。夏場にしか利用できませんが多くの宿泊客が楽しめる施設となっています。プールの開放時間は朝9持から夕方6持です。
そして地下2階にはアクアテラス&スパ「ゆらり」があります。こちらは有料で、通常料金2,050円で利用できます。
利用可能時間帯は朝10時半から夜10持までとなっています。

スパワールド世界の大温泉

大阪府にある巨大温泉リゾートです。
巨大プール、ジムやエステ等、様々な施設が設置されています。世界11カ国16種類の大温泉を楽しむことができます。
利用料金はおとな1,200円、こども1,000円です。
利用可能時間は朝10持から翌朝8持45分で、それ以降も滞在する場合は、再度料金を支払うことになります。

ホテル浦島

和歌山県は那智勝浦の温泉地です。
南紀勝浦はまぐろの水揚げ日本一の町で、このホテルの夕食バイキングでは、毎日まぐろの解体ショーを開催しています。職人の鮮やかな手さばきは圧巻です。
そして、大自然が生み出した雄大な造形物である大洞窟風呂「忘帰洞」を有します。
『帰るのを忘れさせるほど心地よい』と称される絶景が楽しめます。
利用可能な時間は5持から0持までとなっています。

温泉にもいろんな施設を備えたものや、大自然の恩恵によって授かったものなど楽しめる要素がたくさんあるんですね。
奥深いです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます