日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【山陽版】海が見える人気温泉・秘湯のまとめ

海岸沿いの温泉地ではない、山の温泉地だったとしても、無性に海が見たくなるときがあります。山陽方面の温泉地の紹介です。

宮浜温泉

広島県廿日市にある温泉地です。
国道2号線沿いの小高い丘の上に位置する温泉からは、瀬戸内海を望むことができます。
宮島に一番近い温泉として有名です。
宮島の美しい眺望を楽しめることから人気の温泉となっています。
また、目前の大野の瀬戸では新鮮なカキが獲れ、シーズン中のカキ料理は絶品です。
大野瀬戸の広々とした風景を湯船からでもお部屋からでも一望することができます。

長門湯本温泉

音信川(おとずれがわ)沿いに温泉街が広がります。
開湯は1427年で、当地にある大寧寺の住職が発見したとされており、住吉大明神のご神託を受けたことによります。
周辺の観光スポットでは、青海島観光汽船での観光を楽しむこともできます。
岩間を縫い、洞窟をくぐり抜けるという、圧倒的な迫力を有する海上クルージングを楽しむことができます。
仙崎・青海島観光の拠点として利用する観光客も多い温泉です。

湯郷温泉

1200年余の歴史がある由緒ある温泉です。
別名「鷺の湯」と呼ばれる名湯は、慈覚大円仁法師が白鷺に導かれ発見したと伝えられています。
周辺の観光地である「大山展望台」では、津山盆地の向こうの山々まで見渡すことができます。早朝に見られる雲海は、圧巻の景色です。
山の幸に加え、海の幸(瀬戸内海、日本海両方)を使った料理を楽しむことができます。

山陽方面の温泉地では、山の幸と海の幸を使った贅沢な食事や瀬戸内海の景色を楽しむことができます。
山陽方面で海に近い温泉旅館はそれほど多くはありません。
しかし、料理にこだわった旅館などそれぞれの個性をもった旅館の味を楽しむことができます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます