日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

おすすめ花見スポット 〜関東編〜

春。あちこちから桜の便りが届くとじっとしていられませんよね。
山梨県は土地に高低差があるため、桜の開花時期もまちまち。長く楽しめるのが特徴です。
有名どころから、穴場まで山梨県の5つのおすすめお花見スポットをご紹介します。

大法師公園(おおぼしこうえん)

この公園は「日本のさくら100選」にも選ばれた桜の名所です。
小高い山を登っていくと山全体が桜で覆いつくされているという圧巻。
桜はサトザクラ、シダレザクラ、など約2000本が植えられていています。
春霞の向こうにまだ雪の帽子をかぶった富士山が見えます
。桜まつりが毎年3月の終わりから4月上旬まで、開花状況に合わせて開かれ、いろいろなイベントが催されています。
夜のライトアップも見事です。

山高神代桜(やまたかじんだいさくら)

山高神代桜は、まだ雪をかぶる甲斐駒ケ岳を臨む実相寺境内にあります。
野生のエドヒガンサクラで、推定樹齢は2000年ともいわれる古木です。
幹のまわりが10mもあり、日本でも最古、最大の桜として最初の国の天然記念物となった貴重な桜です。
毎年桜の季節になると大勢の観光客でにぎわいます。
周りに植えられた水仙の黄色とのコントラストも見事です。

眞原桜並木(さねはらさくらなみき)

山高神代桜から車で5分ほどのところにある桜並木です。
とっても近いので、ついでに立ち寄ってもよさそうですが日当たりの加減なのか、あるいは桜の種類の違いなのか、山高神代桜が満開でも、こちら桜は3分咲きといったタイムラグがあります。
その分長く桜が楽しめます。
眞原桜並木は、牧草地に広がる長さ1㎞にも及ぶ桜並木で、およそ200本もの桜が植えられています。

わに塚の桜(わにづかのさくら)

孤高の桜として人気があります。
小高い丘の上にたった1本だけ凛としてたたずんでいる「わに塚の桜」のファンはとっても多く、遠くからでも近くからでも味わい深いものがあります。
推定樹齢は約300年のエドヒガンザクラです。
その姿があまりのも美しいということで、雑誌やポスター、ドラマや映画のタイトルバックに多く起用されている桜です。

四尾連湖畔の桜(しびれこはんのさくら)

四尾連湖畔は、富士五湖の仲間とも言われており、深い山の奥にしずかにたたずむ湖です。
水面が鏡のように穏やかなため、湖のまわりに植えられた桜の花がそのまま湖面に映し出されて2倍の美しさを演出してくれます。
ゆったりボートの上から眺めれば、また違ったお花見が楽しめます。
湖の周りにはキャンプ場やバーベキュー場が整備されているので、家族連れでも楽しめます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます