日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者必見!登山時の服装の注意点

これから季節が暖かくなるのに合わせて、登山をはじめてみようという方も多いのではないでしょうか。登山は昔から老若男女に愛されているスポーツです。しかし服装をきちんと準備していないと怪我や事故につながってしまうこともあります。
ところがいざお店に行くと、アイテムが山のように並んでいて何を選べばいいのか悩んでしまいます。そこで今回は初心者の方にもわかりやすい、登山時の服装の注意点をご紹介したいと思います。

重ね着がポイント!

登山の服装は肌着(アンダー)・中間着(ミッド)・外着(アウター)からなる3レイヤー(3層)からなる重ね着が基本です。重ね着をすることで細かい脱ぎ着がしやすくなり、行動中の体温がコントロールしやすくなるのです。

肌着(アンダー)

肌着は外から見えないために、ついつい手を抜いてしまいがちですが、実は登山時の服装のなかで一番大切な部分です。山歩きをしていると汗をかきますが、それを放っておくと体温が奪われていきます。体が冷えると低体温症につながっていくので非常に危険です。そこで肌着は吸湿速乾性(汗を吸収し、すぐに乾く)が高いものを選ぶようにしましょう。
登山者にもっとも愛用されているのはポリエステル系の化繊製の肌着です。化繊は吸湿性があり、速乾性も高いのが特徴です。冬用は保温効果、夏用は冷涼効果があります。また消臭効果や紫外線カット機能が付いているものもあります。
一方コットン製の肌着は日常生活では快適ですが、速乾性が低いので登山には適していません。

中間着(ミッド)

ミッドは山の気候に合わせて2枚、3枚と重ねて着用することがあります。
代表的なものにはポリエステルシャツ(ストレッチ性は少ないが、どんな衣服にも対応できる)や、ポリエステルフリース(発汗性・保温性に優れており、軽いが、風に弱い)
などがあります。
ミッドの上にはさらにアウターを重ねて着るので、薄手のものを選ぶようにしましょう。

外着(アウター)

登山の服装で最も人目につきやすいのがこのアウターです。夏山では雨具、雪山ではオーバージャケットがアウターの一番外側になります。
アウターには雨天時に用いるレインジャケット、ゴアテックス(防水素材がラミネートされている)などの完全防水ウェア(ハードシェル)、ソフトシェルジャケット(ハードシェルより防水性は劣るが、暴風性、通気性に優れ、動きやすさが重視されている)、ウインドブレーカーなどがあります。

まとめ

お店に行くとあれもこれも、と一息に買い揃えたくなりますが、まずはこの3レイヤーを押さえることが大切です。店員さんや登山経験者の方のアドバイスを得ながら、試着したり手ざわりを確かめたりして、ぜひご自分に合ったウェアを見つけてみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます