日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの服装 〜春編〜

ゴルフは、紳士のスポーツであると言われています。従って、服装はとても大事です。ニッカボッカにハイソックスも、昔ながらのゴルフらしさがあって良いものです。しかし、今日のゴルフスタイルは、とても個性的で多様化されています。その中で、「春の服装」についてまとめてみました。

服装の基本

ゴルフウェアの基本は、「襟付きの服」です。更に付け加えると、ハイネックはOKで、TシャツはNGです。ハーフパンツは、ハイソックスと一緒に履くのが正式なスタイルである、と決まっています。ジーンズもNGとなっています。また、春になっても寒暖の変化が激しく、シャツだけでは寒い時期があります。その場合は、セーターやウインドブレーカーを着ます。

春の服装

春は、紫外線の量がとても多い季節です。そして、ゴルフ場は日差しが強い場所です。そのため、帽子やサングラスが不可欠です。帽子は、キャップとサンバイザーを多くの人が着用しています。ただし、サンバイザーは紫外線の影響で髪の毛に悪い影響を及ぼします。髪の毛が気になる方は、サンバイザーでなくキャップがおすすめです。帽子をハンチングにすると、個性的なコーディネートができます。春の強い日差しの中では、サングラスも有効です。目を紫外線に晒し続けることで、目の病気になる可能性を秘めているからです。

コース上だけでなく、クラブハウスにおいても服装のマナーがあります。クラブハウスでは、ジャケット着用が基本です。ジーンズやスウェット、サンダルはNGとされています。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます