日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの服装 〜夏編〜

夏のゴルフの服装は暑さ対策が主となります。

インナー

ゴルフ場では、夏のインナーを着ておく方が暑さ対策になります。夏のインナーは、吸汗速乾性があり、着用しているほうが汗をかいても熱くありません。また、速乾性があるので、ポロシャツなどを着替える必要がありません。また、メッシュになっているものは、通気性も良くオススメです。女性の場合は、日焼けを抑えるために長袖のインナーを着ていることが殆んどです。

シャツ

シャツは、ポリエステル系の速乾性のあるメッシュタイプのほうが暑さを軽減できます。UV加工されているモデルも多く、日焼けを防ぐことにもなります。またゴルフ場では、シャツをパンツに入れるのが規則ですが、見た目これを嫌がる人も居ます。近年、ゴルフ用のポロシャツも短いタイプが売られていますので、このような場合は、それを利用することがオススメです。

ハーフパンツ

ゴルフ場では、夏の暑い時期にはゴルフ用のハーフパンツの着用が許されています。ただし、その際には膝下まであるソックスを着用するように言われることがあるかもしれません。名門コースでは、ゴルフ場のドレスコードの関係でその可能性はあります。しかし、現在では短いソックスでもほぼ問題ないようです。

サングラス・日焼け対策

紫外線対策は、夏のゴルフにとってとても大切です。サングラスの着用は紫外線から目を守り、疲労を抑えます。帽子は、キャップかサンバイザーですが、キャップのほうが紫外線対策としては有効です。どうしても暑いと感じる場合はサンバイザーでも良いでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます