日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサル愛好家が選ぶ 東京にあるコート3選

フットサルにとってコート選びは、意外に重要です。
良いコートだと、モチベーションもあがりプレーもノってきますから、しっかり選ばなきゃいけないですよね。
そこで、ここでは、東京にあるフットサルのコートを紹介していきます。

国立代々木競技場内フットサルコート

住所
東京都渋谷区神南2-1-1

電話番号
03-3468-1171(代表)
03-5790-5666(フットサル)

営業時間
平日 9:00~23:00
土日祝7:30~23:00

利用料金
平日  9:00~12:00 1時間 7,200円
平日 12:00~19:00 1時間10,300円
平日 19:00~23:00 1時間16,500円

土日祝 7:30~ 9:00 1時間30分で16,500円
土日祝 9:00~23:00 1時間16,500円

毎月1回、不定期で休業日があるので注意しましょう。

アクセス
JR原宿駅より徒歩5分
JR渋谷駅より徒歩15分
東京メトロ、副都心線の明治神宮前駅より徒歩5分

あの「国立代々木競技場」にある屋外の人工芝のフットサルコートです。
ほぼ公式サイズの38m×19mのコートが4面あり、ロングパイルコート3面のショートパイルコート1面になっています。
ロングパイルコートの1番コートはLED投光器によるナイター設備付です。
当然、男女更衣室、シャワールームのついたクラブハウスもあります。

1チームにつき、1日1コート3時間まで予約できます。
登録料5,000円を払って登録チームになれば、60日先までの予約が可能です。

フットサル用のボール2個、ビブス5枚、ホイッスル、ストップウォッチなどは無料レンタルできます。
キーパーグローブ、シューズなどは有料でレンタルになります。

このコートの良さは全体のバランスですね。
コートも申し分なく、アクセスも完璧。
設備も充実していて、しかも、2012年のオープンなので、綺麗です。
強いて欠点を挙げるなら、やや料金が高いことですが、料金に見合った施設だと思います。

ラモスフィールド

住所
東京都江東区東雲2-11-2

電話番号
03-6457-1414

営業時間
平日  11:00~24:00
金曜日 11:00~27:00
土祝前日 9:00~27:00
日祝日  9:00~24:00

利用料金
平日 11:00~18:00
メンバー・ABコート 1時間5,400円
メンバー・VIPコート1時間7,560円
ビジター・ABコート 1時間7,560円
ビジター・VIPコート1時間9,720円

平日 18:00以降、土日祝日
メンバー・ABコート 1時間12,960円
メンバー・VIPコート1時間15,120円
ビジター・ABコート 1時間15,120円
ビジター・VIPコート1時間17,280円
※ボール2個、ビブスセット、空気入れ、タイマーの料金を含む
メンバー登録料は10,800円で、2年目以降の更新料は8,640円

アクセス
りんかい線東雲駅から徒歩1分

元サッカー日本代表でラモス瑠偉プロデュースのフットサルコートです。
屋内コートなので悪天候でも問題ありません。
更衣室、シャワールーム、パウダースペースなどを完備しています。

A、B、VIPとコートの3面はすべて人工芝です。
中でも注目したいのはVIPコートでしょう。
冷暖房完備で、広い休憩スペースがあります。
専用のトイレ、シャワー、更衣室がついているので、有名人など、お忍びで利用したい方にオススメです。
専用駐車場がなく、ややアクセスが悪いのが欠点。

堅川河川敷公園内フットサル場

住所
東京都江東区亀戸6-33-10

電話番号
03-5875-1771

営業時間
9:00~21:00
※毎週第3月曜日が休みとなっています。(祝日の場合は翌日)

利用料金
平日  9:00~18:00 1時間 8,000円
平日 18:00~21:00 1時間10,000円
土曜、日曜、祝日  1時間10,000円
※駐車場は1時間300円

24m×14mの人工芝のコートが4面あります。
屋外のコートですが、道路の高架下なので、雨天でも利用可能です。
ここの特徴は土日祝日の利用料金の安さでしょう。
区立公園の施設だけのことはあります。

まとめ

上記に挙げたのが都内でオススメのフットサルコートです。
快適なコートで、仲間達といい汗を流してみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます